FC2ブログ
紅葉と桜のコラボ
2019 / 04 / 16 ( Tue )
s-1904momijisakura.jpg
 畑に行く途中の家に桜と紅葉が植えてある。桜の時期は短いが、紅葉の時期は長い。そこで毎年紅葉と桜のコラボが見られる。午前中に仕事に行くとき、今日は写真を撮らせてもらおうと思ったが、帰りに撮り忘れた。午後の仕事は今の時期6:30までやることもあるがこの日は撮影のため5:30ごろに仕事を終えた。6:00ごろには暗くなりかけていて、ちょっと見えにくいが、それでもきれいはきれい。紅葉は赤と黄色のツートンカラーになっていて、上の黄色い部分は一部枯れかけている。豪華な桜もいいが、私は素朴な山桜が好き。
23 : 34 : 02 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドリッテのキャリーケージ
2019 / 04 / 08 ( Mon )
 我が家の愛犬ドリッテはあと10日で1歳になる。元気ざかり、いたずら盛りで、しかもシェパードは大きい。お父さん(オジイチャン?)をてこずらせている。うちに来る時に入れてきたキャリーケージを数日前にバラバラに壊してしまった。鉄製のゲージもあるが、これは人間が用をしたり、周りに興奮して犬がうるさい時に仮に閉じ込めるために犬小屋の中に入れている。このほかに移動用のケージは必要だ。
s-1904furui.jpg

 大型犬のケージは高いが、たまたま新製品との切り替え中と思われるケージが安くなっているのを見つけた。アメリカ製だから多少仕事は雑だが、他のアジア諸国に比べれば…。英語の説明書だったが、不器用な私でも簡単に組み立てられた。
s-1904kansei.jpg

 完成したケージに「ハウス!」したドリッテ。写真で見るとライオンみたい.。特に感想はなかったが、結構満足していると私なりに判断した。シェパードのオスならもう一回り大きなものになるが、メスだからこれでなんとか行けるはず。31.7kgを越えないようにダイエットさせる。
s-1904hairu.jpg

 普段はケージをこの仕事用の軽トラに乗せておく。荷物が多い時だけケージをおろす。かまってやる時間が少ないから、畑などに連れて行って気分転換に遊んでやるつもり。
s-1904kuruma.jpg
20 : 43 : 58 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
畑のメインテナンス
2019 / 03 / 30 ( Sat )
s-1903furooke.jpg
 ここ数年の大雨で上の畑から水と土砂がうちの畑に飛び込んできて、水路が破壊されたため、石垣に設けた水路口から水が飛んでこないようにカバーをつけてもらい、見舞金でうちの梅畑の補修の材料費の一部を賄った。このブログでもたびたび紹介しているように、去年7月ごろの西日本豪雨では道が折れ曲がり、1年ほどたった今も修理されていない。上の耕作放棄地の畑が水を含んで押してきているようだ。写真は石垣の水路口につけたカバーの下に設けた風呂桶一杯にたまった土砂を使って土のうを作っているところ。もともと水をバスタブに入れるためのトタンが入っており、トタンが抜けるまでは土砂を取るのに手間取った。この段の2つ下の段に大きな穴が開いており、モノラックレールの足に迫ってきている。

s-1903donou1.jpg
 まず大きな穴をコンクリートのかけらで埋め、土のうを積みながら隙間に小さなコンクリートのかけらや土砂を埋めていく。この土嚢は草の種が入っているもので、草が生えてきたらまわりの部分となじむようになっている。その代わり非常に弱く、扱いが難しい。穴の周りの部分も水を含んで弱くなっているが、とりあえず肝心な部分だけ穴埋めして様子を見る。風呂桶の土砂は3~400リットルくらいあり、養分はあまりないようなので、鶏糞を混ぜた。少しでも軽くして土のう袋に負担をかけないようにとも考えたのだ。缶には砂利やコンクリートのかけらや砂を入れており、適材適所に入れている。

s-1903donou2.jpg
 一応の完成図。土嚢が崩れないように下にブロックを置いて様子見。上の方には砂利、コンクリートのかけら、砂を置いて土のうの間に自然に流れ込むようにしている。通り道も兼ねている。土木も素人で、プロから見れば間違いだらけかもしれないが、自分なりに考えて工夫しているつもり。この歳になって《テキパキ》とは動けないがいろいろ工夫してやってみること自体、楽しい。

s-1903paipu.jpg
 草の生える土嚢袋は1枚100円と高いし、早く使わないと芽が出なくなるかもしれない。草の芽が出るというところだけが取り柄で、あとは何もない。他の草と融合してほしいところは2,3年前に設置したパイプの両側。上の方は焼却場の熱や火の粉がかからないようにトタン板を載せて、それをUVカットの土嚢やブロック等で押さえている。この畑は次から次に補修箇所が出てくるので、今は私の優先仕事になっている。他の畑もこの年寄りを首を長くして待ってくれている。うれしいような悲しいような…。

s-1903ukon.jpg
 ここは畑の一番下の土砂崩れの場所。これ以上崩れないようにとポイントだけ押さえておいて、細かいところは後でと放っておいたところ。ここは土嚢を作るのに疲れてしまって、コンクリートのかけら、土嚢、コンクリートのかけらの組み合わせにしていた。すぐ上に梅の樹があり、そのままでは梅取りの時に危ないので、土を入れ、ウコンの芋を置いてさらに土をかけることにした。ウコンの葉は大きいので、万一転んでも谷までは落ちないし、クッションにはなるだろう。ただ、ウコンの芋はずいぶん前に取っていたので、乾燥していて発芽するかどうかも問題。方々の畑で問題があり、歳を考えて仕事も「ダンシャリ」しなければと思う。
00 : 24 : 43 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
堆肥小屋、石垣崩れ
2019 / 03 / 21 ( Thu )
s-1903taihi.jpg
 堆肥小屋は3つの部屋に分かれている。
 真ん中は熟成後、畑にまくために取り出し中の部屋。この後、カンナクズ・おから・乾燥生ごみ・野菜くずを入れる。ここはミカン用なので、鶏糞は入れない。
 右は熟成中の部屋。
 左は投入済みの部屋。これから熟成させる。

s-1903ishigaki1.jpg
 以前からこのブログにも書いているが、去年6月から上の耕作放棄中の畑が崩れ始め、農道がデコボコのメチャメチャになり、うちの畑に水や土砂が流れ込み、石垣も膨らんで割れてきた。ミカンの収穫期までには直してもらえると思っていたが、それもかなわず、まだ動いているからということで、多分今年の梅収穫期もそのままと思われる。地元の人間じゃないから口出しはしにくいが、上の畑の水を含んだ盛り上がり部を除去してからでないと同じことが繰り返されると提言はしている。

s-1903ishigaki2.jpg
 10日ほど前の地震で、石垣の割れ目が広がってきたように思う。段々畑の各所に水が来ているのか、土がブヨブヨになり、穴が開いてきた。この畑を買ったときは親父も亡くなっており、私は農地についてはずぶの素人。上の畑からの土砂崩れもたびたびあったようで、「普通の百姓なら買わない」と農家の方に言われた。息子は上の道を直さない限り、今工事をしても無駄だと言うが、気になるところだけは直していこうと思う。農家の高齢化・跡継ぎ不足から、これからの農業はどんどん難しくなる。石油が入らなくても生きていけるが、食いものがないと生きていけないのだが…。
15 : 13 : 09 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
梅剪定やっと終了、竹林の処理
2019 / 03 / 06 ( Wed )
 1月末にインフルエンザ、続いて肺炎と、梅の剪定は想定外のべタ遅れ。日曜日に何が何でも終わらせるつもりで根を詰めて、午後2時までかかった。この頃は根(こん)を詰めると頭を使おうが体を使おうがどっと疲れるようになった。月曜日は雨天休養。火曜日は梅の邪魔をしている竹藪の処理。竹藪は11月中旬~2月中旬の間に1mの所で切って、枯らすようにしている。農業雑誌の特集に出ていたが、「必ず」という確実性はない。それ以外の時期はマムシやヤマカガシに竹藪の中で出会ってとってもとっても怖い。
この写真は夏に積んだ土嚢に切った竹をかけたところ。UVカットになっているはずだが、さらに紫外線を防ぐのではないか。
s-1903take1.jpg

 この写真は梅に倒れてきそうな、あるいは陰を作りそうな竹を切ったところ。竹が大きくなりすぎてこの周辺ではすでに4本ほど枯れている。竹も本当は全部切りたいところだがいまはもう3月。今年は最低限だけ切って、あとは来年に回す。ここだけで竹は2000本を超えると思う。高さ1mで切っていくのはいかにも時間がかかりすぎる。竹同士、上の方で交差していて、葉もあって、素直に倒れないのだ。切った竹がこちらに向かってくることもある。来年までいい方法を考えておこう。
 この2本の梅は近づきすぎるが、実は右の樹が枯れかかったので、隣に新しい苗木を植えたところ、枯れかかったのが根性で復活してきたというわけ。もはや切ることもできず、2本で一人前のつもりで剪定する。といっても若くて元気なのが優先になるが。
s-1903take2.jpg

 衰弱したり、古くなった樹のそばにも若木を植えている。この2本は左が老木になったため右に新しいのを植えているが、老木でも切っていくと新しい枝が出て実がつく。若い者優先で、老兵は邪魔をしないように切り詰めていく。
s-1903ume1.jpg

 写真が暗いが、この樹は真ん中が割れて広がっている。割れたままけなげに頑張っているので、その向こうに若木を植え、発育の邪魔にならないように老木の枝を切っている。ライバルというか、お互いに励ましあって生きているように見える。
s-1903ume2.jpg

00 : 49 : 42 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>