田植え
2010 / 05 / 22 ( Sat )
みなさんこんばんは。

5/20
ふるさとの出荷、草刈りをしました。

5/21
田植え、草刈りをしました。
真夏日の地域もあったそうですが、確かに田植えをするにはかなり厳しい熱さでした。

5/22
草刈り、小梅の収穫をしました。
小梅と若梅は明日より発送開始します。が、明日がかなりの雨だそうなので一部今日収穫しました。
思っていた以上に冷害の被害がひどく穴だらけです。予想を立てるのは下から眺めてなので上の方に多く被害果があり予想を上回ってしまったようです。小梅はご注文いただいている数を減らしていただくお客様が出てくるかもしれません。
熟し梅につきましては停止していた新規のお客様のご予約を再開します。
22 : 32 : 45 | 野菜 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
代かき
2010 / 05 / 18 ( Tue )
みなさんこんばんは。

5/17
ふるさと、小屋の続きをしました。
ふるさとに必要な数の卵を産んでくれませんでしたので、烏骨鶏を混ぜました。

5/18
田んぼの代かき、草刈りをしました。
荒起こしという水が入っていない状態で耕す作業を普通は2回行うのですが、今年はその時間がなく
肥料をやってすぐに水を入れ代かきをしました。
21日に田植えをする予定です。
鶏ですが、少しは産む数が増えてきましたが、ストレスのためか産んだ卵を突付き割って食べてしまいます。
卵の味を覚えて割り癖がつく前に落ち着いてきてくれればいいのですが・・・・。
予想していたよりも被害は深刻です。
宮崎の畜農家の皆さんのことを思えばたいしたことではありませんが。
早く収集がついてくれることを願うばかりです。
22 : 53 : 04 | 野菜 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
野菜定植、小屋の続き
2010 / 05 / 09 ( Sun )
みなさんこんばんは。

今日は母の日ということで、疲れが溜まっていることもあり母は休みです。
小屋の続きと野菜の定植をしました。
定植したのは、オクラ、赤オクラ、ゴーヤ、トウガン、枝豆。
種蒔きしたのはモロヘイヤ。そしてこぼれダネで発芽したシソを植え替えました。
オクラは赤オクラの方が発芽率も生存率も良かったためこちらの方が多くなってしまいました。
23 : 13 : 06 | 野菜 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蒔き直し、トマト定植
2010 / 05 / 07 ( Fri )
みなさんこんばんは。

5/6
ふるさとの出荷、小屋の続き、蒔き直しと定植をしました。

蒔き直したのは枯れてしまったトウモロコシと枝豆、キュウリで追加で植えたのがサトイモ。カボチャとキュウリも全滅したトウモロコシほどではありませんが枯れてきました。ビニールを取るのが遅かったのでしょう。
トウガンとゴーヤもようやく発芽し、トマトを定植しました。
稲は早くも発芽し順調です。

ここ数日で暖かくなったせいか、各野菜が一斉に大きくなってきました。段階的に蒔いていたのもむなしいぐらいに同時に大きくなりました。状況はどこも同じでしょうから、一斉に出荷が始まり出荷機関が短くなることでしょう。
ニンニクの芽の収穫ができるようになりましたが、もともと収穫期間の短い上に、一斉に伸びてきましたのでさらに短くなりそうです。
ニンニクの芽は早々と切り取ってしまわないとニンニクの玉が大きくなりません。ですがうちはせっかくのニンニクの芽なので出来る限り多くのお客様にお入れできるようにわざと伸ばします。が、成長の悪いものほど早くに芽が出ていますので、今年は難しそうです。

5/7
小屋の続きをしました。雨なので小屋内の細かな事をしました。


23 : 27 : 29 | 野菜 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
野菜定植、種蒔き、小屋の準備
2010 / 04 / 13 ( Tue )
みなさんこんばんは。

夏野菜の定植、種蒔き、小屋の準備、三宝柑の収穫をしました。
定植したものは、ナス、キュウリ、万願寺シシトウ、ピーマン、セロリ、パセリ。
ポットに種を蒔いたものは、トウモロコシ、枝豆、カボチャ、トウガン、ゴーヤ、オクラ、赤オクラ、キュウリ、下仁田ネギ。直播したものはフダン菜、チシャ、シュンギク、ルッコラ、ヒユナ。

三宝柑の収穫をさっさと終えてしまいたいのですが、残っているのは取り難いところが多いのでなかなか進みません。この時期まで残したことはありませんでしたが、かなりおいしくなるものです。水分たっぷりのものとは違い味は濃厚になります。が、そこは晩柑類だけあってしつこさはなくさっぱりとしています。

19 : 05 : 17 | 野菜 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>