FC2ブログ
台風被害報告
2019 / 08 / 22 ( Thu )
s-1908taifuu.jpg
 8/15、九州と四国の間を通って広島に上陸した大型で、超スローで、大きい目の、しかも進行方向の西に大きく偏った寄り目の台風。おかげで台風の目からずいぶん離れた田辺も暴風雨圏に入った。風はきつく、家の下の野菜・梅の干し場兼ガレージは一寸ひやひやした。初め、自分で建てようと思っていたが、川風がきつく、大工さんに手伝ってもらって正解だった。三方をトタンで囲むと風を含んで飛ばされるからはじめから風が通り抜けるように設計していたが、それでも素人では難しいと判断したものだ。雨も激しかったが、1週間ほど前に河川敷の工事終了で土をとってくれていたおかげでそれほど増水の心配はなかった。

s-1908isakoji.jpg
 ここは長期間収穫できるように時間差攻撃で野菜を植えている畑。草に隠れて見えないが実は野菜が隠れている。ここではキュウリとナスが特に被害を受けた。パイプなども折れたりしたが、どこの農家も同じだから《失敗》ではない。

s-1908kaikanmae.jpg
 結構深刻だったのが《稲》。ここは水を入れるときの溝の堰がすぐ近くにあり、それを開くのが遅れたために水浸しになって倒れたと思われる。あるいは風かも知れない。田んぼが並んでいる時,下の田んぼほど水がたまる。溝からの水と上の田んぼからの水が合わさるからである。右の2枚の田んぼもうちと同等以上に倒れている。別の地区で並んでいるうちの2枚の田んぼの下の方も稲が倒れた。雨が降らなければ稲が芽を出すこともないが、台風後もしつこく雨が降るか猛暑の日々。去年も8月末から雨や台風が続き、この田んぼの稲はなすすべもなく全滅。収穫出来ずに草刈り機で刈り取るのは空しいもの。それが百姓。異常気象の原因を人間が作っているのであれば真剣に対策してほしい。環境や人命を考えず、何でも「ディール」で金儲けだけを考える指導者、特に危険を作り出して兵器を売ったり、核をもて遊ぶバカ商人や指導者は許せない。百姓がいくら田んぼの中心で叫んでも聞いてくれる人はいない。

s-1908miyaume.jpg
 ここは毎度おなじみ、上の耕作放棄地の土が押し寄せてきて道が30mほど割れ、1年以上道が通れない梅畑。どんどんひどくなり、安定するのを待っていたら工事がいつになるかわからない状態。一番被害を受けているのがうちの梅畑だから、昨日市役所から電話があり、まだ《案》の段階だが、畑の面積が減ることになっても協力してくれるかとのこと。今のままでは田辺市で扱える工事ではなくなるし、うちの畑も捨てざるを得なくなるから、犠牲にはなりますよ、その代わり、上からの水の処理は責任をもって、もしモノラックの移設が必要になればそれもよろしく頼みますよと返答した。さてどうなることやら。

s-1908miyasuiro.jpg
 上の畑からの水は、道が壊れているために方々の石垣からうちの畑に流れ込んでぐちゃぐちゃになっている。このままでは畑全体が土砂崩れになってしまう。息子は「お父さんがバスタブを置いたからや」というが、置かなければ水や泥が直撃してU字溝の下をえぐってしまう。だから、2年前の夏に材料費の一部を補助してもらって、自分たちで水路をなおし、さらに去年の夏にコンクリートを割った塊と、土嚢合わせて15トンを一人で軽四で運んで残りの工事を終わらせ、上の畑の排水口の前にカバーを付け、クッションにと思ってバスタブを置いたのだ。

s-1908miyamika.jpg
 ここはミカン畑.。押し寄せてきている耕作放棄地の隣の畑だ。この畑は《谷》を含んでおり、土の下を流れる水の流れも変化してきている。谷のそばの傾斜部分も《谷化》してきており、私が作った階段も通路も流されてしまった。数年前にモノラックの足の部分が崩れだしたために造った幅20m高さ3mの擁壁(通称軍艦島)を最後に息子から「無駄な作業はやめよ」といわれて、私はこの畑からほぼ手を引いて他の畑の工事や手入れにまわった。写真の右半分が谷で、すでに随分変形している。左半分にブロックとセメントで作った軍艦島の一部が見えるが、ここから左も水の流れが変わったのか、突然樹が枯れたりして労働意欲の低下から手入れも行き届かず、雑木も大きくなっている。一度自分が入って整理したいと思うが、山全体が崩れてきているので、息子やほかの農家の方が言われるように無駄な努力になりそうだ。やるなら見込みのある田畑に集中せよ…か? ちなみに左上に写っているのは私の指。もっと明るい、希望のある記事を書きたいのだが… (初代)
00 : 42 : 22 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
熱中症
2019 / 08 / 11 ( Sun )
s-1907kasenkouji.jpg
 ここ2,3か月、家の下の河川の土砂を取る工事が行われている。川上で工事や土砂崩れがあり、ここ数年河原に土砂が一杯たまってきた。大水の時に危ないので、町内会から市や県に工事を依頼していた。この写真は7/19に撮影したものだが、工事中猛暑と大雨の繰り返しで、この日もダンプの通る鉄板の橋が流されていた。暑かったり雨が降ったりで《蒸し焼き》状態の工事の方は会社の営業時間に合わせて8:00から17:00に仕事をされていた。が、我々農家は自由業だから、私の場合、外での仕事は原則として5:00から9:00、17:00から19:30という夏時間にしている。朝飯前と夕飯前の仕事ということになる。おかげで日にちや曜日が分からなくなることがある。
 ところが、8/9は8/10が白浜花火なので、10:30ごろから堆肥小屋にオカラ、ヌカ、乾燥生ごみ、カンナクズなどを入れ込む作業を始めてしまった。11:30ごろ、体が熱くなり、汗が出、吐き気がし、ふらつきだした。《熱中症》と思ったので、陰に入って座り、水を凍らせたペットボトルをクーラーボックスから出してタオルに巻いて頸動脈にあてた。車を運転すると危ないので、鶏小屋にいた息子を呼んで家まで送ってもらった。一人だとやはり不安だったろうと思う。水分を採り、シャワーを浴びてわきの下や鼠蹊部も冷やして何とか回復したので、しばらく横になった。
 今は熱中症の手当てを知っているが、20年程前に親父に頼まれて家内とみかんの消毒をしに行ったときは、帰りの車の中で家内が急に気分が悪くなりどうなることかと思った。体が熱いので服を脱いで汗を拭き涼しいところで休ませてから家に帰って冷たいものを飲ませた。救急の時の手当ては家内の方がよく知っているが、失明や命にかかわる場合は手当の方法を知っておくべきだと思う。田舎では山道に救急車は入らないから、軽四の赤いバンも用意されている。昔、孫にこれも救急車だと教えたら、「郵便車!」と返された。  (初代)
00 : 37 : 54 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
晴れ間の草対策とヒエ処理
2019 / 07 / 09 ( Tue )
s-1907fukami.jpg
 梅雨時は晴れ間を狙った仕事と雨が降る前にすべき仕事がある。このブログの写真は7/7に撮ったものである。梅雨時は草が伸びやすいが、昔ならいざ知らず、今のように20反近く農地を管理していると、草刈り機ではとてもじゃないが間に合わず、体がもたない。除草剤は特に避けてきたが、数年前から除草剤も利用せざるを得なくなった。害を少なくするための実験や工夫はしている。この畑は1週間ほど前に大きな草だけ草刈り機で草刈りをしたところで、残りの小さな草に除草剤をかけようとやってきたが、立派に育っている部分もあって、大きな草は草刈り機、比較的小さな草は除草剤ということにした。うちの除草剤は木酢中心で薬は薄くしてあるので、大体10時間くらいは天気でないと困る。この日は朝3時間他の畑で除草し、昼からこの畑を2時間除草した。薬を少なくするために背負いの乾電池式10リットル噴霧器を使っているが、傾斜が急なところはかなり堪える。

s-1907hie.jpg

 この田んぼは長年放置してあったのを去年借りて稲を作ったが、台風の関係でコンバインが間に合わず、台風に倒されたまま芽が出たので収穫できずに草刈り機で切ってしまったところ。毎年作っていれば稗はあまり出ないが、放置した田んぼは稗に悩まされる。田んぼの中ほどに茶色い穂が見えるが、これがヒエ。手作業で抜くしかないが、まだ水もたまっているし、せめて雨が降っていない中で作業をしたい。多分3日以上かかると思うが、70歳と66歳の夫婦、あまり無理をしないようにしたい。今の若者同様、うちの息子夫婦もこんな作業はしたがらない。(初代)
20 : 33 : 18 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大雨予報の次の朝
2019 / 07 / 04 ( Thu )
s-1907oomizu.jpg
梅雨入り後、まとまった雨が降ると言われていた昨日から今朝にかけての大雨予報。特に九州では豪雨のニュースがあったので構えていた。が、小さな台風程度だった。数年前は新宮・勝浦で大きな被害があり、地震にしても豪雨にしても全国どこで起きるかわからないこの頃、油断はできない。知り合いで亡くなった人もおり、災害のニュースが流れると、他人事で済ますこともできない。この《会津川》も危険な箇所は多いが、声の大きい者、強引に官庁に押し掛ける者からひとまず解放されたようで、今後は重要なところから対策してくれそうだ。どこにも自分だけという人間はいるものだ。これは2階のベランダから撮ったもの。

s-1907konfuri.jpg
 梅雨入り以降、雨が止んだすきにいろんな苗を植えている。これは《コンフリ》といって、家畜のえさ用に輸入されたミネラル豊富な植物。テンプラなどにしてもうまいので、庭先に植えて時々食べている家庭もいた。ところが何十年か前、厚生省から、食べ過ぎると肝臓に悪いという警告が出た。以来あまり食べられなくなったが、ミネラル豊富で、育てやすく、葉っぱも大きいので草対策になる。草刈りも楽だし、私は草生栽培にと実験している。鶏のエサに与えることもあるが、肝臓をやられたらかわいそうなので、年に3回くらいにしている。何カ所かに植えて、時々株分けしながら増やしていく。

s-1907sangoju.jpg
 これはミカン畑だが、下の梅畑の大きな梅が切られたので、風がもろにあたり、ミカンの樹が枯れ始めた。槙の樹は成長が遅く、間に合わないので、ネットにしようかとも思ったが、お金がかかるし息子にはメンテナンスができないと思い、サンゴ樹を植えることにした。これは成長早く、塩害に強く、挿し木で行ける。欠点は成長が早いために手入れが大変ということ。草刈り機を使えばそれほど困難ではないはずだし、面倒なら切ればよい。その前にサンゴ樹のもとに槙を植えるなどして次の手を打っておくこともできよう。風対策は急ぐので、息子には事後承認ということで知り合いに枝を切らせてもらって、60cm間隔で40数本植えた。写真左上の陰はUFOではなく、私の指がレンズにかかっただけ。  (初代)
23 : 53 : 47 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
遅い梅雨入り
2019 / 06 / 30 ( Sun )
 今年は田辺地方の梅雨の入りが遅れた。和歌山県でも、紀北・紀中・紀南の南の方では雨が降ったという話を聞くが、同じ紀南でもうちの方だけ降らなかった。6/27の梅雨入りは観測始まって以来の記録だと言う。私どものようにネット販売している者は梅を取りながら等級別に希望日に送らなければならない。農協や市場のように、収穫次第出荷できるわけではないから、天候がおかしくなると気が気でなくなる。宅配便の時間に追われるのはストレスになるから、ここ数年、私は梅取りから離れている。畑の整備・工事、草刈り、鶏糞の処理、草生栽培のための株分け、防風林の管理などを単独でやることにしている。今年は特に草がすぐに大きくなり、作業が大変だった。
s-1906yahcon.jpg
 これは山芋とヤーコンを植えた畑。天気が続いていたので、ヤーコンを植えるときに周りの草を残しながら移植したところは雑草におおわれてしまった。2列ほどは手で草を抜いたが、手首がおかしくなったので工具を使って草の根っこを引くようにした。週に1回以上マッサージや鍼に行ったから、えらくコストのかかる草引きだった。草引きの途中でも前に草引きしたところの草がどんどん大きくなってくる。

s-1906toba.jpg
 ここも草が気になっていたところ。家内が梅取り前に一度草刈りしたというが、1か月たたないうちに背丈くらいの高さに。チップソーの草刈り機は腰に来るので、小さな草はひも式の草刈り機を使うが、背丈くらいになるとチップソーの草刈り機で3段くらいに分けて切る。畝の草は溝に集めて鶏糞をかけ、発酵や腐りを早める。野菜畑は管理が大変だから今年の秋には梅を植える予定。

s-1906fukami.jpg
 ここは野菜畑で、鶏糞などの肥料が効いているらしく、3週間ほど前に草刈りしたと言うが、一部大きな草が生えている。田畑を管理する公共事業の役員になっているから、大きな草を中心に刈って、あとは木酢中心の除草剤に頼らざるを得ない。暑いせいかマムシ(当地ではハビという)が出てきて草刈り機で処分した。

s-1906ueda.jpg
 ここは現在借りている畑で、雑草や雑木、イバラなどで手の付けようがなかったところ。3年ほどかけて何とか開墾してミカンの樹などが植えられるようにし、堆肥などを撒いて雑草抑えと土づくりをしている。ここでもハビを見つけたが、朝早かったためか動作が鈍く、スコップで殺した。特に10月11月の夕方のハビは怖いが、異常気象の為か、ハビなどの毒蛇や蜂の動きも今までとは違ってきている。

s-1906kaidan.jpg
 ここは梅取りがほぼ終わった畑。前に階段を作ったところで、コンクリート工事の型板を止める杭を外すとともに草の生え具合を確認に来た。階段の出来は汚いが、安全と、コストを下げることを優先にしたから、プロのようにはいかない。
20 : 39 : 13 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>