カメムシ多発
2017 / 10 / 14 ( Sat )
1710biwakaki1.jpg
 今年は極早生温州収穫時にカメムシが多発。10年以上前、窓ガラスがカメムシで覆いつくされるくらい異常発生したが、それに比べればかわいいもの。農協からは防除するように連絡があったが、多少のことは我慢して、選別で切り抜けようとした。が、ビワの剪定をしているときに顔にカメムシがぶつかってきたので、ただ事ではないと、息子に様子を見て《追い払う程度》の消毒をするように言っておいた。農薬はかけたくないが、全滅してはお客様にお送りできないし、カメムシにやられたものをお送りすることもできない。お客様には農薬を少しかけたので、キャンセルされる方はしてくださいとお断りしてお送りすることにした。家より小規模で固定のお客様のない農家の中には「今年はもう放っておくことにした」とあきらめる声も聞かれた。
 写真の左はミカンの樹、右はビワの樹。ミカンはカメムシにやられたのはその場で落とし、急いで収穫してもう一度カメムシのチェックをしてから発送するなり、保管するなりしている。思うに、ビワの樹はカメムシの格好の住処になるのではないか、場合によっては越冬の場所になるのではないか。今年は例年より枝をすかす剪定をした。一度に強剪定することはできないので、4,5年かけて枝を減らそう。
 
1710kaki.jpg
 これは柿の樹。今年はビワの樹のそばの柿にカメムシが付いていたが、ここの柿にはほとんどついていなかった。ビワの樹が影響するのではないかと考えたゆえんである。気候によって差はあるが、カメムシは存在する。カメムシも同じ地球上に生存する仲間であるから、多少のことは我慢するが、限度を超えると対策しなければならない。「邪魔者は消す」ではなく、「できるだけ影響を受けないように共存する」のが理想だが、そうも言っていられないご時世だ。
 今、築100年の我が家は地震対策にお金がかかり過ぎるため、建て直しの話を進めている。  (初代)
18 : 26 : 05 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スモモ畑の駐車場
2017 / 09 / 10 ( Sun )
1709shinbata1.jpg
 スモモ畑の駐車場は10年程前の地震で地滑りし、コンクリートが割れていた。5年程前に上の畑の持ち主が代わり、石垣を作って駐車場を作ったために、さらにうちの車が入りにくくなった。駐車場のやり替えについては数年前から構想があり、地区で農道を新しくするために割ったコンクリート片をもらって集めてはいた。大きいものは駐車場のふちに使い、小さいものは中にクラッシャーとともに入れてセメントを節約する。こちらに帰ってきたとき、農家の人や工事の人は、「サンチ、へーべー、リューベ」と言っていてわからなかったが、間もなく、「cm、㎡。㎥」のことだと分かった。
 ここは坂道の途中にある畑で、単車も置きたいというから4m×5mの広さにし、入り口のカーブも大きくとった。結局23~24㎡で傾斜もあるから結構材料はいる。
 写真は発電機と電動ハンマー、普通のハンマーで農道のコンクリートの近くと盛り上がったところを割って、できるだけ水平にしようとしているところ。このコンクリート片も大きいのは周りに、小さいのは中に入れる。

170906shinbata2.jpg
 クラッシャーも入れて、ワイアメッシュを置いたところ。余ったコンクリート片は駐車場と畑を結ぶ階段にするか他の所に使う。
これから周りに型枠を入れるが、セメントを押さえるためではなく。上のセメントがこぼれないようにするためだけだから、簡単なものでよい。次の日に生コンを入れた。自分の計算では1.75㎥、ベテランの農家の方の計算では1.6㎥だったが、念のため多めにして2.1㎥になった。金曜日は太陽光線が厳しく、すぐに乾いて、小石が浮いてきた。追加で砂とセメントを買い、自分たちでセメントを練って石を隠すようにした。

1709shinbata3.jpg
 日曜日、ほぼ乾いたので型枠を取ったが、まだ強度はないので、車などにはいられないように入り口に板などを置いている。

 1709shinbata4.jpg
 上から見たところ。畑に作る駐車場などは金と時間をかけられないから、きれいな出来ではない。後で塗りなおしたところも目立つ。まあ、農家は忙しいからそれについてとやかく言ってくる人はいない。見かけについては何も言われないが、丈夫さについては言われ、すぐに壊れたりすると笑われる。土木作業・建築作業も自分たちだけでやれるのは家内のおかげだと感謝はしている。構想を練ったり計算したりするのは主に私、具体的な作業や臨機応変に失敗をごまかせるのは主に家内。 (先代)
21 : 25 : 16 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
焼却炉、ヤーコンその後
2017 / 09 / 09 ( Sat )
 5/28に3個目の焼却炉、6/15にヤーコンの記事を載せた。とにかく今年は雨の降らない《空梅雨》で、その後も田辺地方はほとんど雨が降らなかった。8月の雨はほんの数時間。他の地域では大雨で死者が出るほどだったのに。しかも刺すような、焼けるような太陽。世の中どんどん不公平になっていく。

170822miyakoi.jpg
 3個目の焼却炉は急斜面の畑。前の焼却炉は急斜面に面して投入口があったため、剪定枝などを投入するときに誤って火の中に飛び込みそうになったこともあって、本当は真っ先に作り直すべきだった。悪条件をクリアし、しかも使いやすいものにするため、構想に時間がかかったのだ。今度は焼却炉の後ろをモノラックが走っていて、炎や火力がレールやその下に走らせている水道パイプ(消毒や散水用)に害を及ぼさないようにブロック3段分(60cm)の保護ブロック、モノラックレールの足が入っている傾斜部の土が崩れないようにスペーサーを作った。これは道路などのコンクリートを割ったかけらと、それを細かく砕いたクラッシャーと言われる廃物利用である。もっともそれらをくっつけるためにセメント1袋半と砂2袋は買ったものを使った。まだまだ道や階段を作ったり、土砂崩れ対策もしなければならない。楽しみと思って少しづつ進めるしかない。

1709yacon.jpg
1709yacon2.jpg
 6/15に記事にしたヤーコンは、その後少雨に悩まされた。水をやって何とか無事に育つところまで大きくなったと安心したのが間違いというか、本当に予想外の少雨で天気予報がことごとく外れていつの間にか大変なことになっていた。上の写真は何とか青みの残るヤーコンをワラで包み有機肥料を下に敷き詰めたもの。下の写真は完全に枯れたヤーコン。ここまで枯れていても知らない間に葉っぱが出てくる奇跡のヤーコンに期待したい。見込みのある間はできるだけ水やりをやってあげよう。マルチを敷いた畑は穴の部分からしか雨が入らないんのでほぼ全滅。マルチを敷いていない畑は雑草も生える代わり雨も土にしみこむので枯れたのは2割程度。9/7は秋雨前線が南下して大雨を期待したが裏切られ、数時間しょぼしょぼ降って、その前後は《焼けつく太陽》。文句を言っても仕方ない。また動噴で散水にまわろう。地震・大雨・土砂崩れ・各国の《異常な指導者》、そろそろ神様が堪忍袋の緒を切るよ。それにしても山芋君は強い。苦労人なんですね。  (初代)
00 : 57 : 19 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
3個目のスイカ
2017 / 08 / 14 ( Mon )
1708suika3.jpg
 お盆だし、できればうちのスイカを供えたいと思って畑に行く。このところミカン畑を中心に雑草が生え放題だったので気ちがいみたいに草刈りをして回り、熱中症とジュース関係の飲みすぎによる夏バテ。正直言って1週間程度スイカ畑には来ていなかった。まずまずのすいかができていたので、2,3日早いかなと思いつつ収穫。仏壇に供える前にスイカ様を座布団に座らせて記念撮影。

1708suika2.jpg
 雨が降った後は刺すような日差しで、こんな時はつる草が地面を覆う。スイカ畑はカラスやあらいぐま除けに防鳥ネットをかけているから、草刈り機を入れることもできない。スイカの弦が伸びてきたところで剪定をして草を刈り、カンナクズを敷き詰めて雑草対策をしたうえで防鳥ネットをかぶせたが、つる草はどこからでも伸びてくる。つる草が重なっているからスイカは見つからないし日も当たらず成長が遅い。写真の左上に《ウコン》の大きな葉っぱがあるが、この中にも探せばスイカがあるはずだ。マムシがいるから素手では入りたくない。昔なかったような草が生え、昔なかったような害獣がいるかもしれない、毒蛇やカミツキガメなどペットで飼った挙句に捨てないようにしてほしいが、今の人間に何を言ってもだめかもしれない。世の中は必要以上に進み、悪賢い奴と阿呆はどんどん増えていく。(初代)
11 : 27 : 22 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スイカ、花火、孫娘
2017 / 08 / 05 ( Sat )
1708suika.jpg
 アライグマとカラス除けを兼ねてスイカに糸の細い網をかけた。アライグマは網に潜れないし、カラスは網が足に引っかかるということでまずは大成功。まだちょっと早いと思ったが、アライグマやカラスにやられるくらいならと今日収穫した。包丁を入れると「パン」と音がして割れたが、やや早かったか、赤い色がもう一つ、味も満足のいくものではなかった。残り物のスイカの苗だったし、畑もまだよくない。まあ、これで満足すべきだろう。孫たちは「おじいちゃんのスイカだ」と喜んでくれた。写真では形が悪いが、みんなが適当に包丁で切って味見をしたらしい。

170730_2010~01
 これは7/30の白浜花火。上の孫だけ連れて行った。三歳以上じゃないと耳に悪いんじゃないかと思ったが、隣の席に1歳ちょっとの赤ちゃんがいた。うちは3歳になるまで待とう。
 
s-DSC01672.jpg
 これが1歳2か月の孫娘。おじいちゃんの欲目で《おじいちゃんっ子》と思っている。東京はたびたび行けないが、行ったときはすぐになついてくれる。機嫌のいい時は《ペコちゃん》になってくれる。例の舌を斜め上に出すポーズだ。7/24から遊びに来ているが、ここ数日は私が風呂に入れている。風呂はジイと思っているらしい。おむつは苦手。でもおじいちゃんの《ヤーコン》で便秘は治って快便だ。東京・千葉では下剤を出す医者がいるらしいが、田辺のお友達の小児科医は赤ちゃんに下剤なんかもってのほかと。  (初代)
00 : 33 : 08 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>