FC2ブログ
天才バカボン
2020 / 03 / 10 ( Tue )
s-2003bakabon.jpg
 私は漫画をほとんど読まないが、バカボンだけは気に入っていた。今年の新年会で、昔《バカボン》と名付けた後輩が亡くなったと聞き、思い出あるいは供養にと思って、オークションで全集を2種類買った。1つは講談社の《天才バカボン》全16巻、もうひとつはテレビで放送されたという《元祖天才バカボン》全4巻。
 我々のプロジェクトチームが開発したオープンデッキは1976年に発売され、2018年の未来技術遺産に登録された。私はキャプスタン駆動部やリール駆動部の制御回路、従来機械屋さんがやっていた操作部の電子回路化、を主に担当し、そのグループの3人目の技術屋として入ってきた男がいた。大変優秀な男だったが、《バカボン》が大人になったような雰囲気だったので、早速《バカボン》と名付けた。1階の品質管理課には《バカボンのパパ》そっくりさんがいたので、さっそく引き合わせたものだ。去年の新年会は未来技術遺産登録の記念行事があり、プロジェクトチームで記念写真を撮った。今年の新年会では見当たらず、3人グループのうちの一人が去年の新年会はがんが治ったということで出席したが、4月になって再発して亡くなったと教えてくれた。私より2つ下だったが、院卒だったので入社は4年後だった。私のグループは新しい技術に挑戦していたので残業が多く、彼の家が私の帰る途中にあったのでよく車で送っていったものだった。3人とも忙しい中、冗談だけは活発で、それで精神状態が持っていたのだと思う。特に2番目の技術屋は大学時代落研だったという。落語の話になると私も簡単には負けない。
 バカボンは梵語の簿伽梵(ばぎゃぼん、仏、仙人、貴人の称号)から来たというが赤塚不二夫は否定している。レレレのおじさんは周利槃特(しゅりはんどく、薬師寺元管長高田好胤のテープによると、お釈迦様の弟子で物覚えが悪く、自分の名前を書いて背中に背負って歩いたとか。ここから「名荷(みょうが)」という野菜を食べると頭が悪くなるといわれたらしい。彼は頭が悪いなりに一所懸命修業し、掃除で悟りを開いたという)をモデルにしたというが、真偽のほどは…。
 赤塚不二夫は「自分は世の中で一番バカだと思え。そうすれば全ての人から抵抗なく学べる」と言ったと何かで聞いたか読んだかしたことがある。「ワシが一番偉い」ではだれからも学べないし、誰も教えてくれない。
 それにしても年下や教え子が死んだと聞くのはつらいものだ。話が長くなった。 (初代}
23 : 53 : 37 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
倉敷と備前
2020 / 02 / 17 ( Mon )
s-2002博物館
 梅の枝焼きを終えた次の日、2/8,9に三男坊が備前焼を見に行きたいというので、家内と3人で車で岡山に出かけた。まず倉敷で1泊することになり、それから備前。美観地区は運河と舟と柳が有名だが、今回は中の方にも入った。我々はマスクをしていたが、大声が聞こえる中国の方はほとんどマスクなしで、商品を触りまくっていた。店で3回ほど消毒液をもらって手を洗ったが、「細かいことは気にしない」国民性なのだろう。中国は4,5回行っているが、パンダや市場や露店を見ているからそうは驚かない。肺炎ウイルスもそんなに気にならないみたい。
 桃太郎のからくり博物館は入館料を取るので通り過ぎる人も多かったが、どんなものか入ってみた。従業員の方は親しげで好感が持てた。

s-2002桃太郎
 桃から顔を出しているが、体が見えない。実はテーブルの足に鏡が張ってあって、床が映っているから下は見えないということ。理屈が分かっていれば手足を出しておいたのに。

s-2002からくり
 これは前に鏡があって、その像が体を隠す鏡に映っているというからくり。うまく撮ればもっと面白い写真が撮れたと思うが、息子が私のスマホで撮ったから仕方ない。

s-2002備前
 備前焼は信楽に比べて「0」が1つ2つ多い。この窯元はいいものを置いてあって内部の釜や燃料の赤松や土も案内してくれたが、よそでB級品や訳あり品を買ってから、こだわりのものだけ買った。私は干支の「ネズミ」。
20 : 00 : 09 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
肉まんと血圧計
2020 / 01 / 30 ( Thu )
s-2001肉まん
 1/14昔行っていた会社のOB会の新年会があった。今年は録音機60周年、去年はオープンデッキ未来技術遺産登録、一昨年はpanasonic100周年の各記念行事があった。私が配属されたのは録音機事業部ができて10年ちょっとの時だった。若い事業部だったから若手にも権限が与えられ、いまだに結束力が強い。私は若年退職したから嫌な思い出はほとんどなくて毎年出席しているが、退職後は転勤や配属替えが頻繁になったみたいだから、いやな思い出をお持ちの方も結構あるようで、親しかった方で新年会に出席されていない方がいるのは残念だ。今はクールな時代だが、昔は、特に松下は、家族意識が強かったように思う。
 帰りは家への土産に蓬莱の《551》。例の「ある時、ない時」というやつだ。この頃は東京に行く新幹線の中でもこの袋を見かけるようになった。似た名前でさび落としスプレー《CRC556》というのがある。これも重宝で「ある時とない時」でずいぶん違う。

s-2001血圧
 ストレスがたまったときなど、血圧の変動が大きく、病院の血圧計より高くなることがある。ずっと2台ともpanasonicの腕に巻くやつを使っていたが、今回はより信頼と実績と確実性があるといわれるomronの全自動式の血圧計を買ってみた。今までのは5000円から9000円位のものだったが、これは約2万円。血圧は精神状態でずいぶん変わるようで、新しいので計ってもほぼ同じ値が出る。やはり寒さが影響しているのか。慣れてくると変動は少なくなってきたので、当分は新旧2つの血圧計で測ってみることにする。気にするのが最もいけないのかもしれないが、正確な血圧を知っておくことも大切だ。
22 : 24 : 05 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大腸内視鏡手術と剪定枝焼却
2019 / 12 / 30 ( Mon )
s-1912byouin.jpg
 内視鏡検査をしてくれた医院では「血液サラサラの薬を飲んでいる患者はポリープが見つかっても摘出手術をしない。あまり気にしない先生もいるが、万一の危険に医師一人では対処できないので大きな病院に行ってほしい。」という方針だった。そこで国立病院に紹介してもらった。検査と処置が別々の病院というのはいかにも効率が悪いので、医院の先生は優秀だったがこれからは国立か公立の病院に行くことにしたい。12/17手術についての打ち合わせ、12/23内視鏡手術となった。また3日前から食事制限、手術当日は腸をきれいにする薬2リットル。つい1か月前にもやったことだが、手術後は夕飯を待ちかねた。24時間食事をとっていないので、ご覧のように量的には不満があったが、昔に比べて病院食は格段にうまくなった。

s-1912shoukyaku.jpg
 1月は15日以降じゃないと燃やせないようなので、12/29に雨が降る前にと思ってたまっていた剪定枝等を燃やした。私は火をつけるのが苦手なので、新聞紙や大工さんからもらった木くずも燃やしている。2時半から始めて、動噴で水をかけて消し終わったときは7時。幸い近くに水銀灯のようなものがあるので真っ暗闇ではなかった。外は寒かったが、火の近くに行くと顔がやけどしそうだった。火が勢い良く燃えるのを見るのは好きだが、火事は被害者のことを考えると気分が悪くなる。
23 : 09 : 05 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
内視鏡検査
2019 / 11 / 16 ( Sat )
 11/12胃と腸の内視鏡検査のため、11日の昼食と夕食は医院から渡された消化しやすい食事。

s-1911naishihiru.jpg
 昼食は小さなビスケットと小さなゼリー2本。2歳児だってこれじゃ腹が減る。これを食べて昼から梅の剪定に行ったが、途中で空腹のため気分が悪くなった。ようようスーパーカブで家に着いたところ、顔面蒼白、冷や汗。横になったとたんに寝てしまった。

s-1911naishiyoru.jpg
 待ちに待った夕食は、煮込みハンバーグとおかゆ。昼よりは腹持ちがするだろうし、寝てしまえばわからなくなるだろうと思いきや、さすがに午前2時ごろ目が覚めた。この歳になると剪定は疲れる。重湯を飲んでしばらく本を読んでいるとすぐに眠気。

 私は麻酔にかかりやすく醒めにくい。逆よりはいいかもしれないが、点滴を入れ始めるとすぐに「コテン」。途中、痛みで2回ほど「ウッ」と言ったと思うが、麻酔からほぼ醒めたのは3時間ほどたってから。普通は1時間半くらいで完全に醒めるはず。フラフラしながら家に帰った。今日は家内は東京、息子夫婦はパートで、送り迎えがいないし、家から歩いて15分くらいだから歩くことにしたのだ。いつも麻酔はよく効く。医者によれば「素直だから」だそうだ。ア・リ・ガ・ト。  (初代)
00 : 10 : 12 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>