FC2ブログ
犬小屋の改善
2019 / 06 / 11 ( Tue )
 我が家のシェパード《ドリッテ》は体は大きいがまだ1歳の子供。私が仕事から帰ってくると「オトウサン帰ってきた」と家族に告げ、「早く散歩に連れて行って」と鳴く。その「クイーン」や「ウォオオーン」が悲しく聞こえるから安楽死を考えたらどうかという手紙が車のワイパーに挟んであった。荷物を降ろしたり、片づけをする間だけといっても、気に入らない人には我慢できないのだろう。
 理屈よりもまず対策と、声が聞こえにくくなるようにブロック、セメント、単管パイプを使って小屋を改造した。
s-1905inu1.jpg
 まず、離れと蔵の間の荷物を別の所に移動し、そこに犬小屋とゲージを置いた。ここなら建物の陰になるから、直接外部に鳴き声は響きにくい。毛布は犬小屋の中に入れるのと、鳴き声が大きいと思われる時に上からかぶせる、合計3枚を用意した。

s-1905inu2.jpg
 離れと蔵のスペースはそこそこ広いので、犬小屋などに入れる必要のない時はそのスペースに閉じ込めるための柵も作った。

s-1905inu3.jpg
 シェパードは怪しい者が侵入してきたときに対応できるようにアルミのフェンスと2つのドアで区切られたスペースで囲っている。シェパードは噛む力が強いので、フェンスに歯型が入り、拡げられたところもあったので、口が入らないようにワイアメッシュを内側に貼っている。板はいつもここから下の畑を見て家族のものがいれば鳴くので、目隠しだ。

s-1905inu4.jpg
 もう一つのドアを見たところ。本宅の周りにはエコ給湯や、エアコンの室外機などが置かれており、そのパイプやビニール管を噛むので、この機会にガードを補強した。

s-1906inugoyalast.jpg
 2枚上の写真の板は上の部分がかじられた。そこで、縦長にして、上の方に口が届かないようにした。左手前の水飲み場は、容器をひっくり返すので、周りに厚さ20cmのブロックを置き、容器の中にレンガを入れるようにしている。鶏も同じだが、小屋を作っても相手は動物だから色々弱点を見つける。完成までには試行錯誤が続く。

 小型犬は迷惑はかけても大型犬のように事故にはなりにくいので、今は小型犬が増えて、特に大型犬はどんどん少なくなっているという。自分の好みもあって、私はシェパードを飼っているが、事故があってはならないと、訓練士に教わったり、DVDを買って訓練している。犬によって性格は異なるが、この犬は今までの2匹のシェパードと能力や性格がずいぶん違うみたいで、主従関係維持がが難しい。しっかりしないとすぐに「私の方が偉い」と思うようだ。まず信頼されて服従してくれることが大切だ。(初代)
01 : 02 : 33 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
京都御苑
2019 / 05 / 20 ( Mon )
s-1905gyoen.jpg
 大学時代の友人が、免疫治療をしているから人ごみに出られないということで、もう一人の友人とともに京都御所でお見舞いがてら会うことにした。甥っ子が白血病で免疫治療をしていたので、これは大変な病気だと覚悟していた。が、会ってみるとあと3か月くらいでほぼ回復する予定だと言う。ほっとした。
 70歳になると、知り合いがみな何らかの病気や不具合を抱えている。団塊の世代の企業戦士は若いころ無理をしている場合が多いから、ガタがくるみたい。自分の体は、まず自分で守るということを考えなければならないが、つい無理をしてしまうのが団塊の世代の特徴か。
 京都御所はずいぶん広くて大きく、見て回りたかったが、何しろ一人は病人、あと2人も孫に追いかけまわされるジイサン。私はどこでも誰でも話しかける悪い癖がある。が東京ではオモロイことを言っても「何言ってるの」というさげすんだ目で見られることが多い。京都人も《関西》でくくられるのが嫌みたい。アラサーの3人のネエチャン・オバチャンが3歳くらいの男の子を抱いて入ってきた.。男の子は鉢巻をしている。桃太郎さんみたいだ。思わず「えらい気合入ってますな」と言った。大阪ならほとんど気の利いた反応が返って来るが、さすが京都。「何言うてはんの?」「何でもない、ほっとき、ほっとき。」 京都でも人を扱う商売の方は義理にでも反応してくれるのだが。落語でも、京都人をネタにした笑いがある。笑いやギャグが嫌いな人もいることを知れと、よく家内や子供から言われる。  (初代)
01 : 18 : 11 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
紅葉と桜のコラボ
2019 / 04 / 16 ( Tue )
s-1904momijisakura.jpg
 畑に行く途中の家に桜と紅葉が植えてある。桜の時期は短いが、紅葉の時期は長い。そこで毎年紅葉と桜のコラボが見られる。午前中に仕事に行くとき、今日は写真を撮らせてもらおうと思ったが、帰りに撮り忘れた。午後の仕事は今の時期6:30までやることもあるがこの日は撮影のため5:30ごろに仕事を終えた。6:00ごろには暗くなりかけていて、ちょっと見えにくいが、それでもきれいはきれい。紅葉は赤と黄色のツートンカラーになっていて、上の黄色い部分は一部枯れかけている。豪華な桜もいいが、私は素朴な山桜が好き。
23 : 34 : 02 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドリッテのキャリーケージ
2019 / 04 / 08 ( Mon )
 我が家の愛犬ドリッテはあと10日で1歳になる。元気ざかり、いたずら盛りで、しかもシェパードは大きい。お父さん(オジイチャン?)をてこずらせている。うちに来る時に入れてきたキャリーケージを数日前にバラバラに壊してしまった。鉄製のゲージもあるが、これは人間が用をしたり、周りに興奮して犬がうるさい時に仮に閉じ込めるために犬小屋の中に入れている。このほかに移動用のケージは必要だ。
s-1904furui.jpg

 大型犬のケージは高いが、たまたま新製品との切り替え中と思われるケージが安くなっているのを見つけた。アメリカ製だから多少仕事は雑だが、他のアジア諸国に比べれば…。英語の説明書だったが、不器用な私でも簡単に組み立てられた。
s-1904kansei.jpg

 完成したケージに「ハウス!」したドリッテ。写真で見るとライオンみたい.。特に感想はなかったが、結構満足していると私なりに判断した。シェパードのオスならもう一回り大きなものになるが、メスだからこれでなんとか行けるはず。31.7kgを越えないようにダイエットさせる。
s-1904hairu.jpg

 普段はケージをこの仕事用の軽トラに乗せておく。荷物が多い時だけケージをおろす。かまってやる時間が少ないから、畑などに連れて行って気分転換に遊んでやるつもり。
s-1904kuruma.jpg
20 : 43 : 58 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
遺産大集合
2019 / 01 / 16 ( Wed )
 1月15日、昔勤めていた会社のOB新年会に出席した。去年は創立百周年行事、今年は私も初期開発プロジェクトメンバーだった、1976年発売のオープンリールデッキRS1500Uの未来技術遺産登録記念行事と、盛り上がっている。未来技術遺産については去年10月くらいから自慢話を書いているが、今回は楯と認定証が見られる。

s-1901未来技術デッキ
 楯と登録証とRS1500U。このRS1500Uはパナソニックミュージアムに置いてあったもので、幹事の話によると、なかったら、私のデッキを借りるつもりだったとか。パナソニックミュージアムは京阪西三荘の近くにあり、そこには松下歴史館もある。香里農園の初山の紹介といえば無料。言わなくてももともと無料。

s-1901未来技術楯
 これは楯。倒すと「横」になる。

s-1901未来技術認定証
 これは登録証。正式には《重要科学技術史資料》という。《未来技術遺産》は愛称。

s-1901田辺駅
 新年会の前の日、京橋までの往復切符を買いに田辺駅まで行った。ところが「田辺駅がない!」 去年の10月にはあったのに。地震に備えて建て替えをしているとのこと。そういえば去年、何か工事をしていた。駅の左端の方で、仮の改札や事務所を作っていたのだ。

s-1901世界農業遺産
 昨日、駅がないと思いながら歩いていると、建築中の駅の右側に観光案内所があり、「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定されたとの看板。和歌山の梅は違う、中でも南部・田辺の梅はさらに違う、と言われていますね。

s-1901世界遺産
 新年会の帰り、駅前の駐車場を見ると、今度は統計神社の世界遺産の横断幕。これは熊野古道の一部として認められたもの。未来技術遺産、世界農業遺産、世界遺産と、遺産だらけの年初めでした。後は太田胃散。
21 : 13 : 08 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>