FC2ブログ
夏野菜の場所準備、ミカン剪定、堆肥の切り返しおよびEMの解説
2009 / 04 / 23 ( Thu )
皆さんこんばんは。
低農薬のみかん、梅、果物、野菜などを和歌山より農家直販しています香里農園です。
興味をもたれた方は是非リンクにございます香里農園ホームページにお越しください。

ミカンの剪定、夏野菜の場所の準備、堆肥の切り返しをしました。
ミカンはもう花が咲きそうです。
20090423b.jpg
まだまだ剪定は残っていますので急がなければ・・・・。

夏野菜を植える予定地をEMぼかし、EM活性液をすき込んで耕しました。
鶏糞は明日すき込む予定です。

2週間ぶりに堆肥の切り返しをしました。
20090423.jpg
4/7の記事と見比べていただくとお分かりになるようにずいぶん分解されてきています。
嵩自体も少し減っていますが、藁や落ち葉はまだですがその他のものはホコホコしてきています。
切り返した後EM活性液をかけてまたしばらく放置します。


EM~という言葉が良く出てきますので少し説明を。
EMというのは有用微生物を利用した微生物資材のことです。
香里農園ではEM1号という資材を元にEM活性液、EM5号(ストチュウ)、EMぼかしを作成して使用しています。
作り方や詳しい説明はこちらをご覧ください。
EM菌の使い方・増やし方:ニコマート
私達のところでは水はパイウォーターを使用します。

最も活躍するのがEM活性液で土作りの際にEM活性液を入れて雑草をすきこむとすばやく分解され、肥料となります。
鶏小屋ではカンナクズなどと一緒に敷き詰めることで鶏糞が飼育しながら発酵していきますので、肥料として抜群です。
そのほか液肥作り、堆肥作り、生ごみ堆肥などあらゆるところで活躍していますので、欠かせない存在です。
また、匂いを消してくれますので、鶏糞を扱う私達のような農家にとっては重宝します。

EMぼかしは畑にすきこむ他、鶏の飼料にも混ぜています。

効果の程はいまいちわかりませんがEM5号は木酢液と共に病害虫の防除用に使用しています。
使っている木酢は知り合いがしている紀州備長炭の木酢です。
20 : 31 : 17 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |