FC2ブログ
ビワの剪定
2013 / 10 / 08 ( Tue )
1310BIWA.jpg
 術後2カ月近くになる。退院後1週間は安静にしたが、自分のペースで段々に仕事時間を増やし、朝早くと夕方中心にして暑さや厳しい直射日光をさけている。3日前からビワの剪定に入った。朝早くの写真なので光線の関係がよくないが、右うしろがビワの木、左うしろはキウイ。手前は極早生温州で、今年はカメムシが異常発生。できるだけ農薬を控えるようにしているが、こればかりは農薬散布しないと周りのミカン畑に迷惑がかかる。数年前にもカメムシでほぼ全滅になり、せめて樹を弱らせないようにと大量に落とした情けない経験がある。早生温州の収穫は1カ月後だが、極早生温州はすでに収穫が始まっているから農薬をかけることはできない。急いで収穫し、しばらく置いて様子を見て、カメムシの害を確認してから大丈夫なものをお届けすることにした。カメムシに吸われているかどうかわからないまま全部落とすことは生活上厳しい。早生温州はかなりの被害になるだろう。
 お客様から雨の被害はどうでしたかとお電話を頂く。田辺では大雨ではなく雨が降らないことで苦労したが、大雨で畑が土砂崩れという数年前のことを考えるとまだましか。「おかげさまで」と言っておく。
130912inekari.jpg
 《体の調子を見ながらマイペースで…》のペースを崩されたのが9/11,9/12の稲刈り。今年は私が戦力外ということで、知り合いに田んぼ2枚ともコンバインで刈ってくれるように頼んでいた。が、いざというときになって稲の間に雑草がいっぱい生えていてコンバインが進まないこと、一つの田んぼは水がひけていないことが判明。対処は私が前面に出ざるをえない。2日待ってもらって、手刈り・稲刈り機での刈り取り、穴を掘ったり溝を作ったりしての水はき。何とかコンバインに入れてもらって、《天日干し》はなし。容赦なく照りつける太陽に私が気分悪くなるばかりか、息子は《熱中症》に。入院前日まで水管理はしていたのだが、水管理の問題なのか異常気象の問題なのかよくわからない。写真は2時ごろと思うが、いかにも暑そうな絵になっている。
 「無理をするな」とみんなから言われつつ、動かざるを得ない現実と性格。因果なものだ。(初代)
12 : 36 : 49 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |