孫の収穫
2015 / 12 / 08 ( Tue )
s-DSC01360.jpg
 東京から孫が来ている。家の近くの畑から大根と金時ニンジンを「引いたよ」と持ってきた。こんな大きなのをよく引いたなと、ほめるしかない。ニンジンは先が割れているが、これは畑が深く耕されていないため。というよりもニンジンが大きくなりすぎたため。うちの野菜は大きくなってもおいしい。後ろは家内。もうアップには耐えられないので、顔は入れていない。

1512miyakoishuuri.jpg
 孫が来るまでに気になっていた畑の土砂崩れの補修。はじめは大したことないと思っていたが、モノラックのレールを支えるくいがむき出しになるくらい岸がやせ、その範囲が予想以上に広がっている。この畑の中で一番危険で、お金がかかることが判明。息子夫婦はミカン取りに時間をとられ始めたため、じいさんばあさん2人で、修理を始めた。単管パイプを使ってと設計していたのだが、それくらいでは追いつかないと設計変更。ブロック約170個、鉄筋にワイアメッシュ、セメント、ブロック接着用の砂、その他のところはコストダウンのためクラッシャーというコンクリートを粉砕したものを使った。ブロックを縦に置いたのは《水抜き》。
 階段状になり収穫が楽になったし、岸の幅が50cm以上増えたのが素人にしちゃあ上出来と自画自賛。2週間ほどかかったが、業者にやってもらえば数十万というところ。自分たちでやれば材料費数万で済む。頭の体操にもなる。肉体はきつかった。孫が来るまでに一通り仕上げ、細かいところはまた来年。来年もまだまだ土木作業が続く。梅の剪定なども気になるが。 (初代)
20 : 30 : 00 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |