単車交代
2016 / 06 / 30 ( Thu )
s-rebel F
 HPにも載せているが、30年近く前走行距離50kmの中古車を自転車屋さんから買った。50kmといえば《ならし運転》程度だ。ホンダ・レブルは座席が低く、短足の私にはぴったり。20歳ころ90ccの単車を乗りまわしていたので…もちろん暴走族ではない…スーパーカブではない、本格的な《単車》に乗りたいという夢が40歳で叶った。250ccなら原動機付自転車ではなく自動2輪だが、車検もない。サイドボックスも付けたが、みんなから「時々は洗えよ」とよく言われた。これで高校に教えに行くと生徒たちが注目してくれた。畑は道が悪いから今考えれば危なかった。燃費も悪い。50ccのゲンチャリに抜かれながら、楽しんでいたが、歳のせいかよく倒れるようになった。走行中ではなく、駐車場から出す時などだから怪我はないが、250ccだと起こすのも大変になった。税金もスーパーカブに比べれば年間5万円ほど余分にかかるという。第一、転倒すると危ないと家族みんなが言う。近所の人も内心そう思っていたらしい。

s-rebel B
 これは後ろから見た図。

s-DSC01453.jpg
 知り合いの単車屋さんに相談に行くと、「前からスーパーカブか何かに替えた方がいいと思っていた」と。「今生産中のスーパーカブはお勧めできないから生産中止になっている前のやつの方が良い。ちょうど90ccの程度のいいのが入っている」とのことで即決。たいていは農作業のときに使うから前と後ろにかごがほしい。後ろにコンテナを載せるのが田辺地方の農家の風物詩だ。みんなと同じ黄色や赤では《芸》がない。青はおかしい、黒がいい。

s-DSC01452.jpg
 が、黒は目立たないから後ろから来た車から見にくい。そこで考えたのが蛍光・反射板。ちょっと恥ずかしさもあるが、恥ずかしがる歳でもない。こちらは軽いが、クラッチ付きのチェンジに慣れているからスーパーカブのチェンジには戸惑う。そのうち慣れてくるだろう。隣は家内のスーパーカブ。息子のスーパーカブはコンテナが大きい。息子の嫁は自動2輪を持っていないから50ccのゲンチャリ。このガレージには4台が並ぶ。 (初代}
20 : 08 : 00 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>