これは何んの花?
2016 / 07 / 23 ( Sat )
1607jambo.jpg
これは何の花でしょう。草刈りの途中で見つけたものです。実はこれは《花》ではなく、ジャンボタニシ(正式にはスクミリンゴガイ)の卵です。ジャンボタニシは雌雄同体で、孵化するまで2週間。どんどん増えていきます。南アメリカ産ですが、1981年に台湾から食用として長崎と和歌山に入ってきたようです。サザエに味が似ているということで、30年ほど前に串本海中公園まで買いに行きました。野菜をバリバリ食って食欲旺盛・繁殖力旺盛だったのですが、イネなどに害があると聞いて、親父が「村八分になるぞ」と。さっそく処分したが、殺しても殺しても生き返る。《ゾンビ》みたいでぞっとした。ちなみに今発生しているジャンボタニシはうちの上流で、我が家の子孫ではない。
 最近は無理ができないし、追いつめられるとパニックになるので、《戦力外通告》される前に《戦力外宣告》をして、息子たちとは離れてマイペースで草刈り・剪定・工作物・畑の整備などをしている。しかし、暑いなあ!  (初代)
20 : 12 : 23 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |