FC2ブログ
山芋の芽出し
2019 / 05 / 04 ( Sat )
 山芋の保存には苦労してきた。次の年の種芋を腐らせないように、各自が苦労してその方法を見つけている。人の方法をまねても必ずしもうまく行くわけではなく、2,3年に1回は失敗してきた。1昨年は皆さん結構失敗したようで、昨年、私もおいしいと評判の種芋を1万円分買い、あとは知り合いに分けてもらって保存していた。
 今度は失敗できないので、一番確実と思われる方法を試してみた。それは小さなこたつを毛布の上に置き、そばに山芋を新聞紙で巻いて入れた段ボール箱を置いて布団をかぶせるというもの。和歌山県の山間部の寒い地方でやっている方法だ。山芋は温度変化と低温に弱いので、一番確実と思う。

s-1905yamaimohozon.jpg
 これは保存していた山芋の箱にかけている布団を外したところ。黒っぽいのが小型炬燵で、上の石は万一布団が過熱して燃えないように空間を空けておいたもの。10kg箱と15㎏箱は炬燵、このほかに対照区として15㎏箱は納屋の2階の日当たりの良い所に毛布にくるんでおいている。

s-1905yamaimonome.jpg
 とりあえず、炬燵に入れていた2箱の中をチェック。ほとんどが太い《芽》を出し、しかも新聞紙を蹴破って長く伸びている。常温の所で毛布をかぶせていた箱は例年通り、全体として勢いが弱く、芽が出ていないものもあった。圧倒的に炬燵保存の方が優秀みたいだ。来年からこれで行く。  (初代)

21 : 32 : 00 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |