FC2ブログ
大腸内視鏡手術と剪定枝焼却
2019 / 12 / 30 ( Mon )
s-1912byouin.jpg
 内視鏡検査をしてくれた医院では「血液サラサラの薬を飲んでいる患者はポリープが見つかっても摘出手術をしない。あまり気にしない先生もいるが、万一の危険に医師一人では対処できないので大きな病院に行ってほしい。」という方針だった。そこで国立病院に紹介してもらった。検査と処置が別々の病院というのはいかにも効率が悪いので、医院の先生は優秀だったがこれからは国立か公立の病院に行くことにしたい。12/17手術についての打ち合わせ、12/23内視鏡手術となった。また3日前から食事制限、手術当日は腸をきれいにする薬2リットル。つい1か月前にもやったことだが、手術後は夕飯を待ちかねた。24時間食事をとっていないので、ご覧のように量的には不満があったが、昔に比べて病院食は格段にうまくなった。

s-1912shoukyaku.jpg
 1月は15日以降じゃないと燃やせないようなので、12/29に雨が降る前にと思ってたまっていた剪定枝等を燃やした。私は火をつけるのが苦手なので、新聞紙や大工さんからもらった木くずも燃やしている。2時半から始めて、動噴で水をかけて消し終わったときは7時。幸い近くに水銀灯のようなものがあるので真っ暗闇ではなかった。外は寒かったが、火の近くに行くと顔がやけどしそうだった。火が勢い良く燃えるのを見るのは好きだが、火事は被害者のことを考えると気分が悪くなる。
23 : 09 : 05 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |