FC2ブログ
肉まんと血圧計
2020 / 01 / 30 ( Thu )
s-2001肉まん
 1/14昔行っていた会社のOB会の新年会があった。今年は録音機60周年、去年はオープンデッキ未来技術遺産登録、一昨年はpanasonic100周年の各記念行事があった。私が配属されたのは録音機事業部ができて10年ちょっとの時だった。若い事業部だったから若手にも権限が与えられ、いまだに結束力が強い。私は若年退職したから嫌な思い出はほとんどなくて毎年出席しているが、退職後は転勤や配属替えが頻繁になったみたいだから、いやな思い出をお持ちの方も結構あるようで、親しかった方で新年会に出席されていない方がいるのは残念だ。今はクールな時代だが、昔は、特に松下は、家族意識が強かったように思う。
 帰りは家への土産に蓬莱の《551》。例の「ある時、ない時」というやつだ。この頃は東京に行く新幹線の中でもこの袋を見かけるようになった。似た名前でさび落としスプレー《CRC556》というのがある。これも重宝で「ある時とない時」でずいぶん違う。

s-2001血圧
 ストレスがたまったときなど、血圧の変動が大きく、病院の血圧計より高くなることがある。ずっと2台ともpanasonicの腕に巻くやつを使っていたが、今回はより信頼と実績と確実性があるといわれるomronの全自動式の血圧計を買ってみた。今までのは5000円から9000円位のものだったが、これは約2万円。血圧は精神状態でずいぶん変わるようで、新しいので計ってもほぼ同じ値が出る。やはり寒さが影響しているのか。慣れてくると変動は少なくなってきたので、当分は新旧2つの血圧計で測ってみることにする。気にするのが最もいけないのかもしれないが、正確な血圧を知っておくことも大切だ。
22 : 24 : 05 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |