貸しガレージの木
2014 / 06 / 09 ( Mon )
 貸しガレージと隣の家の狭い空間に勝手に生えてきた木はすぐに大きくなって2年に1回は枝の部分だけ切っていた。今年も目立ってきたので農繁期中だが切ることにした。枝部分を根元から切ってみると、そこから下の部分は頭が大きく膨らんでいて、トユや屋根のトタンを食いこませている。トユは土のようなゴミが詰まって流れず、トタンは落ち葉で腐食、隣家のトタンも押しつけられている。今年は根元から切ってトユとトタン屋根を直さなければならない。全面的に直す時間はなく、大工さんに頼むと材料費も入れて少なくとも20万円から30万円仕事になる。今回は自分で必要最低限直して数年後改めて全部やり直すことにした。

 これは下から約2mの部分。直径20cmくらいの木だが、トユなどを巻き込んで頭の部分は大きく広がっている。
1406ガレージ木
 これは焼却場前に運んだ枝の部分。電線に当りそうになると切るようにしていた。2.5mあまりあり、下からだと5mくらいの高さになって電線に触れる。
1406ガレージ枝
 ガレージを囲むトタンの下の部分だけグラインダーで切断し、チェーンソーを入れ根元から切ったが、頭でっかちになっていたので、ロープをかけても動かない。そこで頭の一部をチェーンソーで縦に切って引っ張りだした。下の写真は幹から頭の部分を焼却場に運んだところ。上に乗っているのは頭の一部を切り取った部分。頭はトユやトタンを見事にくわえ込んでいる。縦に走るのは焼却場の単管パイプ。
1406枝食い込
 根元の切り口には除草剤の原液を塗っておくと枯れると聞いたので、一番小さいのを買ってきて振りかけた。梅雨の時期だから雨がかからないようにビニールでカバーしている。
1406ガレージ根元
 まずトユを直した。トユと接続部品、接着剤で1500円くらい。なんか物価が急に上がった気がする。雨が時々降る中で作業したので、トユにはゴミがすぐにたまる。
1406ガレージトユ
 時々雨の降る中、トタンの腐食した部分だけ取り換えて日曜日の午後7時過ぎに終了。素人だし、高所恐怖症の高齢者だから人より時間はかかって2日半。途中、雨による中断もあった。電動工具は便利で、数年前に購入した発電機も活躍してくれたが、最近は30kgの重さが腰に来て1人では持ちあげられない。トタンは《新品》ではない。保管してあった中古を使って節約。他のトタンは黒く見えるが、これはさびているだけ。腐食はしていないからもうう数年働いてもらう。この頃百姓も景気が悪いからできるだけ自分たちでやり、できるだけ切り詰めなければならない…と私は思う。(初代)
1406ガレージ終了
07 : 55 : 38 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<竹に持ち上げられた椅子 | ホーム | ヒナの引っ越しとビワ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/459-da052e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |