地蔵さんの杉の木伐採
2015 / 09 / 15 ( Tue )
 今年の地蔵盆のとき、地蔵さんの裏の杉の木の根元の皮がぐるっと剥がされ、枯れているのがわかった。根元の皮を剥ぐと木が枯れるのを知っている人の仕業だから《ど素人》ではない。でも木が枯れると民家に倒れることまでわからなかったのだから《玄人》でもない。悪意でやったのか、善意なのかもわからない。
 すでにぐらぐらしている、台風シーズンでもあるから隣のの民家に倒れる恐れがある、市道の木は市の管理だから市に伝えればよいのだが市は今までの経験からなかなか動かない、ということでボランティア組織に過ぎないわれわれ地蔵さん保存会で緊急に何とかできないかということになった。
1509suginoki.jpg

 保存会役員の一部と保存会員の中で自治会や町内会にかかわっている者も集めて相談した。杉の木は大きなよの木(榎)の向こうにあり、入り組んでいてしかも枯れているから作業がしづらい。専門家に頼まざるを得ないがお金がない。頭のいいのがいて、電線工事のバケット車、スカイワーク車、…正式の名前はわからないが、とにかくゴンドラのようなものに乗って高所で作業する車が借りられたら杉の枝を少しずつ安全に切ることができると。早速同じ地区内の電設工事の方に相談したところ、現場を見て良い返事がきた。仕事がお休みの日曜日に来てもらいご高齢なのに操作もしてくれた。お金は取ってくれなかった。「地域活動やから」と。我々も都合のつく6人に出てもらった。警察には交通の邪魔にはならないこと、ガードマン役をつけること、標識を立てること、ヘルメットは着用すること、を伝えた。《自己責任》としないと担当の警官も困ることは知っている。
 「捨てる神あれば拾う神あり」。保存会を立ち上げてから数カ月、嫌な思いもたくさんしたが、本当によく考え、協力してくれる神様のような人達もいる。我々の精神状態はそれでもっているようなもので、ありがたい。
 世の中、善玉菌は2割、悪玉菌も2割、あと6割は日和見菌という。今の世界、今の日本、悪玉菌が勢力を強めて日和見菌がそれに影響されているように思える。また余計な事を言ってしまったか。お気を悪くされた方には謝ります。(初代)
1509suginoki2.jpg
09 : 47 : 00 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<焼却場 | ホーム | 福岡、そして広島>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/492-0d17124d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |