梅畑におりる橋
2016 / 01 / 09 ( Sat )
 梅の剪定も半分近くまで来た。剪定は私の担当だから基本的には草刈り、枝焼却も含めてすべてを一人でやる。年間5カ月は果樹の剪定作業になる。防風林の整備など、気になるところも片付けながらいく。
 この畑は草刈りを終えた後、運搬車で畑におりる橋が腐食し始めているのを発見。今までの橋は5年前にパネル板2枚ともらいものの木材で作っていたが、パネル板は雨水が抜けにくいのが問題。今回はパネル板代を節約し、全部製材で半端モノ、規格外れなどで不良品として処分される木材を使って、隙間のある橋を目指した。写真は橋板を支える底部を作り、上に乗せる板にも廃油を塗って乾かしている所。
1601numahashi1.jpg
 上に1.5cmほどの隙間を作りながら板を張り、畑に運んで元の橋(90cm×180cm)のあとに新しい橋を載せた所。運搬車そのものも重く、その上にコンプレッサーなどの機械類を積むからある程度の重量がなければ危険だ。2人がかりで設置したあと、私の剪定が始まる。(初代)
1601numahashi2.jpg
23 : 53 : 38 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<寒かったですな | ホーム | 孫の収穫>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/504-78afe1ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |