キウイ予定地の単管パイプと小屋解体
2016 / 10 / 05 ( Wed )
1610paipu.jpg
 借りていた畑にキウイを作る予定で単管パイプで骨組みを作り、小屋まで作っていたが、畑までの道が使えないことがあとでわかり、撤去することになった。キウイはある程度まで育っていたが話が違ってきたのでやむを得ない。一人で10日以上かかってパイプを組んだが、解体も一人で1週間頑張った。単管パイプや解体した小屋のトタン・木材を運び出すのは息子たちにも手伝ってもらった。この畑の契約期間はあと2年残っているが、あとは雑草の管理をするだけになる。借りる前にきちんと相手と物件の状況を確認しなければならないというのが今回の教訓。仕事に追われているのに無駄な時間を過ごしたものだ。
 鶏小屋のある畑に農業用の単管パイプを置いているので、草刈りをしたあとに長さ別に単管パイプを置いてもらった。あとは私が収納し、順次必要なところにパイプを組む。トタンや材木はこの畑の別の場所に置いてある。

1610kaki1.jpg
 敷地内の別の場所では柿が鈴なりになっていた。多少時期遅れだが摘果で半分くらい落とした。

1610kaki2.jpg
 この畑はカラスが多い。上の2つの柿はすでにカラスにつつかれている。害虫・害鳥・害獣にやられるのはいわば《税金》だと考えることにしているが、それでも半分以上税金に持って行かれるとさすがに腹が立つ。カラスは頭が良いから対策してもすぐにマスターしてしまう。人間の頭のいいやつも始末に負えないが。
01 : 18 : 22 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<柿のカラス対策 | ホーム | 稲刈り、稲はち、モミすり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/522-f465bd5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |