土嚢積み
2018 / 05 / 23 ( Wed )
1805jonawa1.jpg
 4年程前の大雨で崩れた柿の畑。肝心なところは石垣を補強したり、ブロックを積んだりしたが、あとは手が回らないまま放置していた。去年、土砂崩れがあったところに対して材料費くらいの補助が出て土嚢を買ったのと、家の解体・新築で出たコンクリートのかけらや土砂を利用して一人で土砂崩れの畑をなおそうと決意した。土嚢には25㎏くらいの土砂が入るので、手の小さい私には他の人の数倍、指に負担がかかる。これが約50袋。白いのはUVカットの安い方の土嚢、緑色は種が生えてくる1枚100円の土嚢。段々になっているので、少しでも楽をしようと、モノラックを回してきた。こんなこともあろうかとモノラックのレールを残しておいて、上の畑で切り替えられるようにしていた。土嚢は何年持つのかな?

1805jonawa2.jpg
 ここは下によその田んぼがあるので、去年の5月5日に家内と二人で石垣を積みなおし、土嚢を積んだところ。土嚢は少なくとも1年は持つようだ。今年買ったUVカットの黒い土嚢は日本の有名なメーカーのものらしいが、外国製の2,3倍は持つという。土嚢はたいていグループを組んで積む。一人で積んでいるとなかなか仕事がはかどらず、余計に疲れる。10年は持ってほしいものだ。

1805chosui1.jpg
 ここは去年の2月3月に上の畑から飛んでくる水でうちの畑のU字構が壊れ、材料費程度の補助をもらって1/3ほど工事したところ。水の出口に2mほどのカバーをつけてもらい、水の勢いをやわらげるために風呂桶を置いていったん水をためるようにした。上の道は4,5年前に作ってくれたものだが、その時に工事の人が言っていたように水が多すぎて空洞になっているらしく、大きなひび割れができている。農道の工事は農家がやることになっているが、高齢化でだんだん難しくなっている。この国は本当に農業を守る気があるのか、票集めの為の「バラマキ」をやっているように見える。自然は取り戻すのに時間がかかる。

1805chosui2.jpg
 これは下から見た写真。去年直せなかったところは、特に一番下は大変なことになっている。崩れた所の高さは1.5m。モノラックのレールの足のところまで迫っている。1枚80円の土嚢袋を買い、コンクリートのかけらを入れて、それを囲むように土嚢を積んでいる。土建屋さんの知恵も借りたが、足場も悪く、腕・肩・腰・指が痛い。マッサージ代も結構負担になる。休み休みやって、あと2週間くらいかな?  (初代)
14 : 21 : 59 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<土嚢積み、撹拌機、よその通路補修 | ホーム | 山芋・ヤーコン植え付け完了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/565-6c171d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |