FC2ブログ
土嚢積み、撹拌機、よその通路補修
2018 / 06 / 17 ( Sun )
1806miyakoishita1.jpg
 前の記事でがけ崩れのあった畑の補修は後2週間はかかると書いたが、梅雨に入って、コンクリートのかけらと砂利を運んで流し込み、周りを土のうで囲むという作業は予想外にずれている。この作業は私の体力の限界を超えている。月4回のマッサージ代も大変。下の方から積み上げた土のうがやっと上からも見え始め、あと一息というところだが、雨が降ると草も急に伸び、山芋やヤーコンの成長を妨げる。

1806砂利

 砂利として使っているのは、屋敷の水平を取るためにいらない砂利をかき集めたもの。業者は捨てると言うが、「ちょっと待ってくれ、畑の補修に使いたい」と積んでおいてもらったもの。坂をなおしているときはこれをユンボウで固めて仮階段にしていた。10㎥はあっただろうか、「愚公山を移す」じゃないが、今は3立方メートルくらいにはなっている。もともと重機で固めているのと雨のせいでホッパでは歯が立たない。電動ハンマーで柔らかくしながらの作業。ほとんど土のうに詰めるので、大きな石は取り除く。

1806撹拌機
 現在、発電機とコンクリートミキサーを持っているが、どちらも50㎏以上あって、一人では動かせないし、コンクリートミキサーはコンクリを流すのに時間と大量の水がいる。そこで電動撹拌機を買った。これだと一人で運べるし、一斗缶に水を入れておけばこまめに洗える。発電機はインバーターを買い直した、これは30㎏ちょっとだから、一人で移動できるし、用途も広い。
1806モノラックセメント
 試しにモノラック横に並べたコンクリートのかけらをセメントで固めてみた。70歳近くになってどうかなと思ったが、できるだけ自分だけでできるように道具は《年金》でそろえるつもり。《〇〇のドンファン》よりは有意義にお金を使いたい。

1806状縄道
 話は違うが、お隣さんの畑へ行く道が崩れて、なかなか直してくれない。放っておくと下の畑に崩れ落ちるし、第一私の家の敷地まで崩れることになる。私たちも昔から時々通らせてもらっているし、コンクリートのかけらと土砂を使って石垣を積んだ。コンクリートは入れていない。何かあったときに、文句だけは言われそうだから。  (初代))
 
15 : 58 : 57 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<三番目のシェパード、最優先の土砂崩れ対策完了 | ホーム | 土嚢積み>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/566-2cd1f491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |