FC2ブログ
三番目のシェパード、最優先の土砂崩れ対策完了
2018 / 06 / 21 ( Thu )
1806dritte.jpg
 三番目のシェパードが鈴鹿から来た。相手は二番目のシェパードと同じ方で警察犬訓練士師範とある。出身地はすぐ近くだというので、その地区の友人の名前を挙げると同級生でみんな知っているという。奇遇ですなと。三番目にちなんで名前を考えていた。英語でTHIRD、ドイツ語でDRITTE、中国語で「ティー・サン」。ジャーマンシェパードだからドイツ語が最適だが、ドイツ語はちょっと暗いし、ドゥリッテは他の家族が発音できない。「ティー・サン」と呼ばれてイヌが「何どす?」と応えたらしまらない。THIRDならだれでも発音できるし、スペルは違うが北からミサイルが飛んできても迎撃できると、ほぼ決めていた。が息子たちは「サード」では芸がないという。どうせならほとんどの人が耳慣れない《ドリッテ》がいいと。まあ、ドリーとかドリッティーとか愛称で呼んでもいいだろうということで決定。孫の呼びやすい名前を愛称にする。
 この子のお父さんはドイツから来たチャンピオンという血統。警察犬としては落ちこぼれだから譲ってもらえたのだが、なかなかいろんなことに興味を示す子犬だ。専門家にはすぐに警察犬として優秀かどうかが分かるらしいが、我々にとってはなついてくれるのが一番。
 目線が違うと犬は警戒する。前の犬は190cmを超える外人におびえて「ウーッ」。彼もシェパード好きだから座って首と頭をなでるとしっぽを振った。私はチビだが、子犬からするとでかく見えるらしい。足を噛みに来る。手を噛み、顔を舐めに来る。頭も体もよく回るらしい。今までイヌやネコや鶏などに「お父さんやで」と教えていたが、今回は思わず「おじいちゃんやで」と言っいる自分に気付いた。

1806Miyakoidonou.jpg
 最も急いでいた土砂崩れの土嚢積みがやっと終わった。一人でコンクリートのかけらや砂利を運び、土嚢に砂利を入れては畑まで運んで積むという作業は70になろうという途中百姓の爺さんにはきつかった。1日2~6時間働くのが精いっぱいで、週1回はマッサージに通っていた。土砂崩れの土はみんな池に流れたようで、跡形もなく2mの絶壁になっていた。写真には全部映らなかったが、ここだけで土のう袋200近く使った。
 大雨が来る、犬が来るということで無理をした結果、腰を痛めてしまったようだ。起き上がるのがつらい。原因はわかっているので、しばらく休んで様子を見る。同級生は百姓以外ほとんど現役から退いてる。  (初代)
 
 
11 : 20 : 50 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スモモ 新庄 | ホーム | 土嚢積み、撹拌機、よその通路補修>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/567-08e6b40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |