スモモ 新庄
2018 / 06 / 28 ( Thu )
1806新庄

 大石の変種で、田辺市新庄町で発見されたスモモ《新庄》。味と香りがよいので初めは人気があったが、熟すにつれて実が柔らかくなって虫との戦い、輸送に適さない、年や土地によってばらつきがある、などの理由で切ってしまった農家も多い。カブトムシやクワガタはお金になるが、カナブンやムカデは金にならない。うちのも3年程前に切られかけたが、味が安定するまでもう少し様子を見ようということで、辛抱強く剪定を続けた。お陰様で味も好評で、ネット販売も地元直販店も少しは稼げている。 (初代)
10 : 32 : 07 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<西日本豪雨 | ホーム | 三番目のシェパード、最優先の土砂崩れ対策完了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/568-7b3dc171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |