FC2ブログ
台風その後
2018 / 10 / 07 ( Sun )
 台風21,24号の後、畑などを見て回った。梅や桃の枝が折れ、ミカンの樹が倒されたのはほとんど21号のせいだと思うが。
s-1810kaki.jpg
 柿はほとんど葉が落ちて、実だけが残っている。逆よりはいいだろう。腐りが出るのですぐにでも収穫したいが、ネット販売なので、味が優先になる。腐りが出るかもしれないが、しばらく様子を見る。
s-1810hinoki.jpg
 畑や道の状態を見て修理の必要性を検討するグループの役員でもあるので、台風後地区全体の様子を見てまわる。ヒノキが途中でおれて電線に引っかかっている。上の部分は直径20cmくらいの樹なので、それほど急ぐ必要もないが関西電力に連絡。電線のことなので、勝手に切って事故が起こっても困る。今停電しているところを優先させてと連絡し、現地まで案内。山の持ち主の了解が必要とのことなので、これも案内した。
s-1810inekari.jpg
 台風21号で倒れた稲は、その後の雨で芽が出たまま処理できていなかったが、何回かに分けて草刈り機で刈り取った。収穫出来なかった作物の処理は空しいものがある。息子たちに空しさを経験させてやろうと思ったが、次の野菜の準備に忙しいということで、家内が全部刈り取った。私はビワの剪定。
s-1810biwa.jpg
 防風林を兼ねていたビワの樹が枯れたので、数年前から何回かビワの苗木を植えたが、植えている場所をあまり知らない家内や息子たちは草刈りのたびに幼木を刈り取ってしまう。何回目かは忘れたが、剪定の途中でまた植えておいた。写真の真ん中の2本だが、その右のやや大きな木でもなんとか防風林として使えるかなというところ。
s-1810inuomote.jpg
 台風24号の後、25号を挟んで5か月になったシェパードの柵とドアを作ってもらった。21号の後屋根屋さん大工さん左官さん同様サッシ屋さんも忙しかったから、長い間待たされた。5か月といえどもシェパードは15㎏くらいあるから、事故が起こったら大変。初めは自分で作ろうと思っていたが、肝心なところは素人では無理。まだ避妊治療は終わっていないので、ドアの横の隙間は板でふさいでいる。今までありあわせの材料でフェンスを作ってひもでつなぎ、散歩の時は抱いてフェンスをまたいでいたから、随分楽になった。私が帰ってくると散歩に連れて行けと催促する。「お父さんが言い出して飼ったのだから、購入費も食費も医療費も散歩などの世話もお父さんが負担するんやで」とのことで、すっかり《お父さん子》になっている。多分格付けも第1位になっていると思うのだが。
s-1810inuura.jpg
 裏のドアから犬小屋内部を見たところ。ずいぶん贅沢な運動場だが、私も歳だし、大型犬は運動が必要だから仕方ない。こちらから見て右の建物の奥に犬小屋を入れるつもりだが、前の犬が入っていた犬小屋に入ってくれるかどうか。時間が出来たらここに単管パイプで3m×6mの屋根を作れという命令も出ている。時間はできるのだろうか。 (初代)
20 : 39 : 06 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ビワの剪定終了、植木の塩害 | ホーム | トラクタ、台風24号田辺直撃、にんにく卵黄>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/580-6bb62f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |