FC2ブログ
はね上げ式サングラスと剪定・草刈り
2019 / 09 / 05 ( Thu )
s-1909sangurasu.jpg
 剪定や草刈りの時はどうしても眼鏡を傷つけ、コーティングも剥がれるため、毎年1回はレンズを替えていた。近視、老眼に乱視も混じってきたし、軽くて遠近両用で色付きとなると左右で28,000円。毎年レンズ交換となると結構な負担になる。作業用・普段用・パソコン用と3つの眼鏡を持っているのだ。そこで今年から剪定や草刈り時にはね上げ式のサングラスを作業用メガネにつけることにした。これだと3,800円くらいで済む。色は薄い方を選んだが、それでも夕方などには暗く感じる。慣れるまでにはもう少しかかりそう。

s-1909kakitsuru.jpg
 サングラスを買って最初の仕事は防風林から柿の木に這ってきたカズラ取り。ミカンや梅と同じく、柿もカズラやつる草がかぶさると樹が枯れることがある。今年、私は畑の補修に追われ、ビワ・梅以外のスモモ・みかん・カキなどは息子に任せたが、時間がないためかほとんどできていなかった。防風林もほとんど手つかずだった。そこで今、私はカズラやつる草を取ることを優先させている。

s-1909kakinoko.jpg
 写真は槙の防風林に勝手に生えてきた雑木の枝を、柄が伸縮式になっているノコギリで切っているところ。3段式になっているが、大体は2段で使っている。チェーンソーが先についた機械もあるが、経験者によるととても重くて年寄りには無理とのこと。軽いのは壊れやすいそうだ。はしごや三脚に乗ってチェーンソーを使うのは危険なのでできるだけ避けたい。もう《おじいちゃん》だから。

s-1909baren1.jpg
 写真は梅をバレンシャオレンジに入れ替え中の畑に生えている茶の木が大きくなってカズラやつる草が梅やバレンシャに巻き付くようになったから「切ってくれ」という家内の命令で草刈り機で刈った風景。根元から切れということだったが、今の時期の夕方チェーンソーを入れるのはマムシが怖い。それに防風林代わりに使わないとバレンシャオレンジの幼木が風にゆすられて枯れる恐れがある。所々枝を残して防風林として育てる。

s-1909baren2.jpg
 草刈り機を使うと隣の畑まで枝が飛ぶ。下の畑がらも草刈り機で刈り、枝を集めて自分の畑に入れる。刈った枝や葉は畑に入れて堆肥などと混ぜて草刈りの手間を省こうと思っているが、はたして…。  (初代)
22 : 59 : 54 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<水遊びのドリッテ | ホーム | 黒ニンニク>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/609-29692488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |