FC2ブログ
2台目の双眼鏡
2020 / 05 / 29 ( Fri )
s-2005sougan1.jpg
 2台目の双眼鏡を買った。今度は15×70でニコン。15倍で対物レンズの径が70㎜というやつ。長さが26cm、重さが約2㎏。倍率や重さから三脚は必須で、丈夫なのを買わねばならないし、双眼鏡を取り付ける三脚アダプターや星座の図鑑や星座早見盤もいる。つまり、双眼鏡代だけでは済まないので、オークションで作戦を練った。全部新品定価にすれば20万円を超えるみたいだ。この双眼鏡のオークション平均はそこそこのやつで4万から8万位。もちろんそれより安く買った。
 1台目は8×32のフジノンだったが、ちょっと物足りなさを感じ、どうせなら天体も見える本格的なものをと。遠くない早晩、星の世界に行かなければならないので下見も必要だし、孫に天体のことを教えてゆくゆくプレゼントするつもり。《星の王子様》ならぬ《星のジージ様》だ。新小2の孫にはすでに昆虫観察用に8×23の双眼鏡を買ってやっている。日頃のストレスの他に、この頃はコロナストレスや近隣諸国のストレスが加わる。少しでもストレス解消に貢献してくれればと願う。
 三脚アダプターは付いていたので助かった。三脚は重さ2㎏とはいえ、双眼鏡はかさが大きいのでスリックの5kgまで載せられるやつを消費税の半額位で落札。この機種は新聞社のカメラマンの意見を取り入れてSLIKが開発した方式の雲台とか。重いからビデオカメラのような自由雲台では扱いにくく、1本のレバーで上下左右動かすこのフリーターン雲台が一番いいと判断した。天体を見るだけなら《ひとみ径》は7mmでよいが、海岸で海のむこうも見てみたい。そこで15倍にしてみた。10×70の双眼鏡も同じくらいの値段だ。ど素人がネットでにわか評論家になった。

s-2005sougan2.jpg
 正面から写した。

s-2005sougan3.jpg
 講談社のこのシリーズは孫たちに昆虫や花の図鑑などを買ってやっている。DVDも楽しめ、この《星と星座》には星座早見盤もついている。ジージは孫たちにいろんなものに興味をもたせて、能力を発見したいとたくらんでいる。余計なお世話と思われようとも。3歳の孫娘には光ナビの電子鍵盤楽器も買っているが、ジージがまだマスターできない。結局ジージのボケ防止かと言われても反論はできない。
これは初めのオークションで終盤「即決価格」にやられ、悔しくてamazonの中古を買った。ポイントも利用できたので、かえってその方が安く買えた。お店の評価や実績に不安はあったが、エイヤアで決断した。運よく《新品同様》だった。ジージパワー。 (初代)
22 : 57 : 11 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第2波? | ホーム | 梅肉エキス造り、山芋のネット>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kourinouen.blog35.fc2.com/tb.php/633-c790e6f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |