FC2ブログ
大腸内視鏡手術と剪定枝焼却
2019 / 12 / 30 ( Mon )
s-1912byouin.jpg
 内視鏡検査をしてくれた医院では「血液サラサラの薬を飲んでいる患者はポリープが見つかっても摘出手術をしない。あまり気にしない先生もいるが、万一の危険に医師一人では対処できないので大きな病院に行ってほしい。」という方針だった。そこで国立病院に紹介してもらった。検査と処置が別々の病院というのはいかにも効率が悪いので、医院の先生は優秀だったがこれからは国立か公立の病院に行くことにしたい。12/17手術についての打ち合わせ、12/23内視鏡手術となった。また3日前から食事制限、手術当日は腸をきれいにする薬2リットル。つい1か月前にもやったことだが、手術後は夕飯を待ちかねた。24時間食事をとっていないので、ご覧のように量的には不満があったが、昔に比べて病院食は格段にうまくなった。

s-1912shoukyaku.jpg
 1月は15日以降じゃないと燃やせないようなので、12/29に雨が降る前にと思ってたまっていた剪定枝等を燃やした。私は火をつけるのが苦手なので、新聞紙や大工さんからもらった木くずも燃やしている。2時半から始めて、動噴で水をかけて消し終わったときは7時。幸い近くに水銀灯のようなものがあるので真っ暗闇ではなかった。外は寒かったが、火の近くに行くと顔がやけどしそうだった。火が勢い良く燃えるのを見るのは好きだが、火事は被害者のことを考えると気分が悪くなる。
23 : 09 : 05 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
内視鏡検査
2019 / 11 / 16 ( Sat )
 11/12胃と腸の内視鏡検査のため、11日の昼食と夕食は医院から渡された消化しやすい食事。

s-1911naishihiru.jpg
 昼食は小さなビスケットと小さなゼリー2本。2歳児だってこれじゃ腹が減る。これを食べて昼から梅の剪定に行ったが、途中で空腹のため気分が悪くなった。ようようスーパーカブで家に着いたところ、顔面蒼白、冷や汗。横になったとたんに寝てしまった。

s-1911naishiyoru.jpg
 待ちに待った夕食は、煮込みハンバーグとおかゆ。昼よりは腹持ちがするだろうし、寝てしまえばわからなくなるだろうと思いきや、さすがに午前2時ごろ目が覚めた。この歳になると剪定は疲れる。重湯を飲んでしばらく本を読んでいるとすぐに眠気。

 私は麻酔にかかりやすく醒めにくい。逆よりはいいかもしれないが、点滴を入れ始めるとすぐに「コテン」。途中、痛みで2回ほど「ウッ」と言ったと思うが、麻酔からほぼ醒めたのは3時間ほどたってから。普通は1時間半くらいで完全に醒めるはず。フラフラしながら家に帰った。今日は家内は東京、息子夫婦はパートで、送り迎えがいないし、家から歩いて15分くらいだから歩くことにしたのだ。いつも麻酔はよく効く。医者によれば「素直だから」だそうだ。ア・リ・ガ・ト。  (初代)
00 : 10 : 12 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
台風19号前の夕焼け
2019 / 10 / 14 ( Mon )
s-1910taifuunae1.jpg
 台風19号は田辺をそれた。それでも畑の見回りに行くと道に木の枝が倒れ、植えたばかりのブロッコリーが飛ばされていた。関東周辺は大変だったようで、被害地の皆様にはお見舞い申し上げます。今年は8月に稲を倒されたくらいであとは韓国、関東、東北と気まぐれな台風が多かった。台風慣れしていない地方の方は大変だったでしょうが、毎年台風に襲われている沖縄、九州、四国、近畿は毎年耐えているのですよ。いつ何がどこで起こるかわからない時代になりました。
 この写真は鶏舎を利用してキウイの棚を作っているとき、急に雨の前兆の風が吹き、空の色が変わってきたのでスマホで撮ったもの。赤い雲の下の方は風に飛ばされていた。
 キウイの棚の部分はかすかにパイプが光って見える程度で、ほとんど真っ暗に写っているだろう。夕方5:40頃。  (初代)
00 : 00 : 42 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
水遊びのドリッテ
2019 / 09 / 12 ( Thu )
s-1909dritte.jpg
 焼けつく猛暑と時折の雨。天は高くなり、秋の気配も見られるが、まだ仕事は朝早くと夕方にしている。猛暑の時間は《ハビ》(まむし)も休みのようで、朝と夕方はマムシや蚊が出てくる。
 シェパードのドリッテはほとんど私が世話をしており、私にしか従わない。だから仕事から帰ってくると大騒ぎになる。ご近所に迷惑なので、できるだけ散歩には連れて行っているが、早朝からの仕事の後や夕方までの仕事の後はこちらも疲れている。今は大きな草を刈っているから、草刈り機はチップソーじゃないと使えないし、防風林も大小のチェーンソーを使い分けている状態だから、年寄りにはこたえる。工事と台風の後、河原の葦が無くなり、石ころになったので、夕方川遊びをさせている。初代、二代目も川遊び大好きだった。まだ《犬かき》はマスターしていない。
 葦が生えているときは草刈り機で刈り取って運動場にしたこともあるが、瞬く間に生えて、長続きしなかった。今回は工事で砂を取っているから当分河原で訓練できそうだ。まだ子供だから遊んでもらえる喜びが先に立ち、確実に命令に従うところまでは達していないので、隔離されたような所じゃないとリードは外せない。 (初代)
20 : 22 : 46 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
犬小屋の改善
2019 / 06 / 11 ( Tue )
 我が家のシェパード《ドリッテ》は体は大きいがまだ1歳の子供。私が仕事から帰ってくると「オトウサン帰ってきた」と家族に告げ、「早く散歩に連れて行って」と鳴く。その「クイーン」や「ウォオオーン」が悲しく聞こえるから安楽死を考えたらどうかという手紙が車のワイパーに挟んであった。荷物を降ろしたり、片づけをする間だけといっても、気に入らない人には我慢できないのだろう。
 理屈よりもまず対策と、声が聞こえにくくなるようにブロック、セメント、単管パイプを使って小屋を改造した。
s-1905inu1.jpg
 まず、離れと蔵の間の荷物を別の所に移動し、そこに犬小屋とゲージを置いた。ここなら建物の陰になるから、直接外部に鳴き声は響きにくい。毛布は犬小屋の中に入れるのと、鳴き声が大きいと思われる時に上からかぶせる、合計3枚を用意した。

s-1905inu2.jpg
 離れと蔵のスペースはそこそこ広いので、犬小屋などに入れる必要のない時はそのスペースに閉じ込めるための柵も作った。

s-1905inu3.jpg
 シェパードは怪しい者が侵入してきたときに対応できるようにアルミのフェンスと2つのドアで区切られたスペースで囲っている。シェパードは噛む力が強いので、フェンスに歯型が入り、拡げられたところもあったので、口が入らないようにワイアメッシュを内側に貼っている。板はいつもここから下の畑を見て家族のものがいれば鳴くので、目隠しだ。

s-1905inu4.jpg
 もう一つのドアを見たところ。本宅の周りにはエコ給湯や、エアコンの室外機などが置かれており、そのパイプやビニール管を噛むので、この機会にガードを補強した。

s-1906inugoyalast.jpg
 2枚上の写真の板は上の部分がかじられた。そこで、縦長にして、上の方に口が届かないようにした。左手前の水飲み場は、容器をひっくり返すので、周りに厚さ20cmのブロックを置き、容器の中にレンガを入れるようにしている。鶏も同じだが、小屋を作っても相手は動物だから色々弱点を見つける。完成までには試行錯誤が続く。

 小型犬は迷惑はかけても大型犬のように事故にはなりにくいので、今は小型犬が増えて、特に大型犬はどんどん少なくなっているという。自分の好みもあって、私はシェパードを飼っているが、事故があってはならないと、訓練士に教わったり、DVDを買って訓練している。犬によって性格は異なるが、この犬は今までの2匹のシェパードと能力や性格がずいぶん違うみたいで、主従関係維持がが難しい。しっかりしないとすぐに「私の方が偉い」と思うようだ。まず信頼されて服従してくれることが大切だ。(初代)
01 : 02 : 33 | 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>