スイカ、今年もダメか
2017 / 07 / 26 ( Wed )
1707suika.jpg
 スイカはここ数年、カラス、アライグマ、人間などにやられてほとんど収穫なし。今年は網を張ろうと7月中旬に網をかける部分の寸法を確認しに行ったが、2日後、網を張りに行くと一番なりのスイカが多分カラスにやられて穴が開いていた。一番なりはおいしくないからと自分を納得させたが、敵が多すぎて対策のしようがない。対策にかける時間もない。来年はビニールのトンネルでも作るか。写真はカラスに穴をあけられて、虫が中を食っているスイカを畑から放り出したところ。  (初代)
22 : 34 : 33 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
梅取りほぼ終了
2017 / 06 / 27 ( Tue )
 今年は雨が少なく、蒸し暑い夜も少なかったので、梅の出来が遅かった。ネット販売の場合は最適の梅が要求されるため、他の農家が切り上げた後もお客様の要望に従って作業を続けなけれならない。梅取りが長引くと私の仕事も当然増えてくる。

1706biwaniwatori.jpg
 ビワ取りは6月上旬から始まっている。今年は大豊作で、去年、実を大きくするように剪定を強くしたのに実が着きすぎた。小さな実や傷物は鶏の《おやつ》。去年のひなはビワを初めて見るが、その上のお姉さんおばさん方はビワの味を覚えていて、先を争って寄ってくる。

1706おおいし
 1週間遅れて、6/19にはスモモの《大石》が光りだす。採れるものから収穫してまず予約のお客様に送る。残ったものは直販店に出したり使い物にしたり。うちはできるだけ完熟近くまで置いて送るので、腐るものや柔らかくて送りに堪えられないものが出る。歩留まりは悪い。お客様に完熟の味を教えた自分の責任だが、青いまま効率よく農協や市場に出す他の農家さんがうらやましく思うこともある。

1706孫
 6月上旬から東京の孫が来ている。お母さんの調子が悪いので、とりあえず長男だけ引き取っているが7月には妹も来る予定。孫の顔を見るのはうれしいが、今の時期正直言ってつらい。テレビの子供番組、《いないいないばあ》で《吹き戻し》をカメレオンの舌に見立てて遊んでいるのを見て、「僕もほしい」。早速連れて行って、吹き戻し2種類と、ついでにオタマジャクシをとる網と飼育容器も買った。この後オタマジャクシを取りに行って、半日費やした。仕事をしているほうが楽だが、孫の守ができる幸せもありがたい。

1706大石箱
 6/24に大石。完熟直前のものだけ送る。完熟のものがほしいというお客様でも、つぶれていたらクレームが来る。
自分の仕事はべタ遅れ。体に気を使いながら無理をしない程度に頑張るしかない。(初代)
18 : 59 : 17 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ヤーコン、山芋、ビワ
2017 / 06 / 15 ( Thu )
1706yacon.jpg
 梅取りの最中だが、私は《集団戦列》を離れ、できるだけ自分のペースで仕事をさせてもらっている。ヤーコンは去年大失敗して、親戚のおじさんから芋を分けてもらい、そこから種芋を保存していた。それと《保険》のために別の畑に植えていたのを合わせて苗は確保できた。山芋は去年余分に保存していたが、去年7月の大雨で山芋が水分を含みすぎていたためか種芋が全滅。二人の友人に種イモを分けてもらって、これも無事に植えることができた。ヤーコンは手入れが難しく、山芋は種芋の管理が難しい。まだまだ息子や家内に任せることはできないのでやはり手入れや管理に対する《口出し・手出し》はさせてもらうことにした。いざという時のためにいろんな人に種や苗を分け、普段から協力体制を作っておくことも大切だ。息子にはまだそういうお付き合いがない。梅雨なのに天気が続き、動噴で夕方水を撒いて回っている。これは6/8の写真。
1706BIWA.jpg
 ビワは去年大胆に低くしたが、今年は見事に大きな実がなっていると近所のおじさんに褒められた。ところが今年は《カラ梅雨》で、まともな雨は1回しか降っていない。梅や野菜の成長が遅れてビワの収穫などやっている時間がないという。ビワは3か所の畑に防風林代わりに植えているが、この写真は6/12から取り始めた畑。今日は近所のおじさんに褒められた畑にも行ったが、確かに大豊作で、まだほとんど手が付けられていない。息子や家内に梅とスモモは任せて、私はしばらくビワ取り。自分の仕事計画は大幅に狂うことになる。(初代)
01 : 05 : 08 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
梅畑に作った焼却場
2017 / 05 / 28 ( Sun )
1705shoukyakuro.jpg
 ミカンの剪定が遅れているうちに梅取りが始まっています。その梅畑に農繁期に入る前にと作っていた焼却場。仕事が忙しくなり、まだ完成していません。U字溝の代わりに水を流すための黒パイプを敷く作業、焼却場を作る作業、続いて、火力で黒パイプが溶けないように上に仮のトタンを敷き、ブロックを載せてパイプが溶けないようにする作業。仕事の合間を見て3つの作業を終え、これで最低限の焼却作業はできます。次の作業のためにブロックやコンクリートの塊を持ってきています。ブロックは一つ16㎏あり、セメント練りも大変。土木作業は何回かに分けないと腰を痛めます。再び完成の作業にかかるのは7月頃かな。歳を考えて仕事の仕方も変えないと。(初代)
18 : 42 : 40 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年もヒヨコが入りました
2017 / 05 / 21 ( Sun )
1705hiyoko.jpg
 5/16和歌山市の運送会社までヒヨコを受け取りに行きました。ひよこさんも年によって《出来・不出来》があるようです。去年のは卵を産み出すのがやや遅れたものの、回復。一昨年のひよこさんは例年に比べ数か月も産まない日が続きました。今も少ないです。3年前のひよこさんは優秀で、おばあさんになっても頑張って産んでくれています。その前は尻つつきが多く、だいぶ亡くなりました。ひよこの時の環境もありますが、やはりいいお父さん、いいお母さんからしかいい子は産まれないようです。
 オスは3匹注文したところ4匹入っていました。メスはだいたい100匹に2匹の割合でおまけがつくのですが。まあ、オスはメスの10分の1の値段ですからサービスしてくれるのでしょうが、オスの価値が急速に下がり、メスが不当にのさばってくる時代になったのでしょうか? 古い人間の《オス》としては複雑な気持ちです。
00 : 31 : 04 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>