今年もやってきた雛たち
2018 / 05 / 08 ( Tue )
1805hina.jpg
 今年も雛たちがやってきた。餌付けと水を飲む訓練が始まる。例年より少ないが、実は一部屋当たりの匹数を減らしてストレスを少なくしようという試み。それと、いつもの業者が数を間違えたこともある。運送時、30羽以上じゃないと雛に適する温度が保てないと聞いているから不足分の追加はいらないと連絡した。インフルエンザ以降、鶏を飼う業者が激減し、物価の優等生とされる卵では採算が取れないという事情もある。利益が少ないからと羽数を増やすと人件費などがかさむ。養鶏業者が減ると、雛を販売する業者も飼料屋さんもやっていけない。逆も言える。この業界は悪循環になっている。実際、今まで家まで配達、田辺の営業所まで取りに行く、和歌山の営業所まで取りに行く、と変遷してきて、今年の雛は大阪まで取りに行った。高速代、ガソリン代、その上住ノ江にある営業所を選んだため、トラックに挟まれてしまい、赤信号で右折の矢印が出ていると思って右に曲がったところ、信号無視で捕まった。警官によると「ぎりぎりアウト」だと。知らない道でトラックに囲まれたらトラックについて回るしかない。私は基本的に交通違反ということで捕まったときは「ありがとうございます」という。捕まえてくれたおかげで大きな事故に会わなくて済んだと考えることにしている。猛スピードで追い抜いて行った車の代わりに間違ってつかまったこともある。「おかしい」とは言ったが、それ以上クレームは付けなかった。高速代、ガソリン代、罰金を合わせると、雛1匹当たり400円ほど上乗せになり700円。来年からどうするか考えなければならない。安全な卵は食べたいし…。農業全体も考え直さなければならない時代になった。 (初代)
20 : 26 : 13 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
10回目の結石
2018 / 05 / 07 ( Mon )
1805hatsuri.jpg
 小型の電動ハンマーが壊れたことは4/8の記事で書いた。3m×40cm×50cmの大きなコンクリートの塊(実は業者さんのミスで掘り起こしてしまった)の写真は4/23の記事に載っている。その後、中型の電動ハンマー定価73,800円、最安値47,500円、新品未使用というのをオークションで落札した。写真左側に電動ハンマーと普通のハンマー、右側にスチールケース、真ん中に電源コードリールが写っている。左奥が問題の大きなコンクリートの塊。2番目に大きなコンクリートの塊はすでにこの電動ハンマーで斫って小さな塊が写っている。現在売られているこの電動ハンマーのケースはプラスチックだから、数年前の新品未使用製品ということになる。これで大きな塊に挑戦していたが、8.7kgのハンマーを横に使うのはか弱い老人にはきつい。大型ハンマーだと多分使いこなせない。

1805Kesseki.jpg
 電動ハンマーを使ったあと、柿の剪定枝を片付けているうち、下腹と右わき腹の背中側にジンワリ痛みが出てきた。尿意はあるがおしっこが出ない。去年エコーで腎臓に石があることを確認している。30歳から今まで9回の尿管結石を経験している《結石コメンテイター》呼ばれる私。これは電動ハンマーで動いた結石と判断し、休日診療所に向かった。結石の痛みは七転八倒になることがあるので、痛み止めと他の病気の確認のためだ。休日診療所は4時までとかで5/5の当番医の紀南病院に向かった。その晩の会議はメールで欠席にしてもらった。結石は数時間で収まることもあるが1週間くらい苦しむこともある。今回はラッキーなほうで最短時間で石が出た。写真はDVDの上に乗せた黒い石。つかれやストレスがたまったときのドクターストップと考えている。 (初代)
17 : 02 : 33 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
柿の剪定と山芋
2018 / 05 / 06 ( Sun )
 とにかく今年は仕事がべタ遅れ、というより何をあきらめるかという選択に迫られている。柿の剪定は普通2月だが、4月中旬ごろ葉っぱは大きくなってくるし、今ごろ剪定しても大丈夫かと紀北にある《柿と桃の研究所》に問い合わせた。ちょうど暑い日が続いていて、剪定したら樹が弱るのではないかと。①今からならやめたほうがよい、②日当たりを確保するために立ち枝だけ切る、③普通の時期の剪定と同じように切る、の3者択一。返事は今すぐに冬剪定と同等の剪定をせよ。新梢が伸びないみたい。
 ところが親戚のおじさん(親父の弟)の容態が急変し、見舞いやら葬儀やらでさらに10日ほど遅れた。

1805Kakijonawa.jpg
 この畑はまだ枝拾いをしていない。例年なら私が剪定して回って、家内や若嫁が拾いにまわるのだが。ぼうぼうに上に伸びていた枝はかなりすっきりしている。

1805柿上田
 もう一つの畑は自分で枝を拾い、短く切って幹の周りに撒いている。その前に梅などの剪定枝を燃やした炭を撒いた。炭は柿の味をよくする。草刈りの手間も多少省ける。

1805yamaimo.jpg
 気になっていたのは今年種芋の貯蔵に失敗した山芋。近所の方にもらったのだが、その人の実家はこの地区から30分ほど山奥で、寒いところ。布団を巻いても間に合わないので、こたつに一冬入れているという。山芋は温度変化にも弱いらしい。《伊勢芋》8個と、近所からもらったいつもの山芋29個を植えた。今日の夕方から明日にかけて雨が降るらしい。ヤーコンの苗も大きくなってきたから、そろそろ植えないと。ヤーコンのすばらしさは10年以上たってやっと家内が認め始めた。世間に認められるのはさらに10年かかるか?  (初代)
21 : 59 : 42 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
坂完成
2018 / 04 / 23 ( Mon )
180419saka1.jpg
 建物が完成して1か月余り。家周辺と坂道の工事を行う業者さんの仕事の都合により、着工が遅れた。車は入らないし、かなり不便な生活を強いられたが、数日前から着工し、坂も完成間近。昔と違って今度はワイアメッシュも入っているから解体は大変だろう。といっても100年近くあとで、そのころには重機も進んでいるだろう。

180419saka2.jpg
 雨のあと大きな車が入ってきたので、工事用仮駐車場にしている畑がぬかるみ、最後の2回はミキサー車を道に置いたまま作業。手前の大きなコンクリートの塊は坂を壊した分だが、あまり大きなものは業者にはつってもらう。壊れたのは小型ハンマーで、今度は中型ハンマーを買うつもりだが、大型じゃないと多分無理だろうと思う。  (初代)
13 : 44 : 34 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
きりきり舞い
2018 / 04 / 08 ( Sun )
1804houchou.jpg
 2枚目のスモモの畑。仕事がべタ遅れになり、草が生えてきた状態で剪定。マムシが出てきているそうで怖い。この後柿の剪定や山芋とヤーコン植えや畑の整備が待っている。晩柑の剪定もある。そうこうしているうちに田植え・梅取り。家の新築に時間を取られすぎた。

1804saka.jpg
 家は完成したものの、エクステリアができていない。忖度されそうもない我々にはお役所の仕事を待っておられず、合併槽を坂の途中に作ることにした。坂の表面は全部はがされ、その上を重機が通ったものだから、坂はぐちゃぐちゃ。当然自分たちでは処理できないから業者に頼まざるを得ない。自分の土地に家を建てるときはエクステリアの費用は入っていないから資金繰りに四苦八苦。あとでできるものは後回しにし、コストダウンを考えた。

1804konnkuri.jpg
 表庭をはじめとする家の周りはできるだけコンクリートを減らし、とりあえず砕石で済ます。電動ハンマーは自分でも持っているから、砕石を置くためのコンクリート割りは我々夫婦でやることにしたが、なかなかはかどらず、知り合いの大工さんに応援を求めた。2台の電動ハンマーで効率も上がり、裏庭のコンクリートまで1日で終えることができた。私のハンマーは途中で故障したが、土曜日だからとりあえず金物店に預け、そこから営業所に回してもらう。写真は電動ハンマーを持つ大工さんと息子。がれきを運ぶ家内。写真を撮るのは私だからいつも私は写真に入っていない。損な役割だ。
 土嚢袋に入れたコンクリートの塊は今日私が畑まで運び、崩れたところの補修に使っている。仕事を早めに終えて、高校の《古希同窓会》。今日は50年ぶりに会う友人も参加する。しばらくは農業の仕事とインフラ整備を並行させる。今年70の《爺さん》には仕事がきついんじゃないかい? (初代)
23 : 23 : 15 | 農作業 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>